大規模盛土造成地マップ(宅地耐震化推進事業)

更新日:2022年03月18日

大規模盛土造成地マップ(宅地耐震化推進事業)

宅地耐震化推進事業

平成7年(1995年)の兵庫県南部地震(阪神・淡路大震災)、平成16年(2004年)の新潟県中越地震などにおいて、大規模に盛土造成された宅地で滑動崩落による被害が発生しました。これを受け国は、地震時の宅地の安全性を確保するため、平成18年に宅地造成等規制法を改正するとともに、大規模盛土造成地の位置や規模を把握するための調査や、滑動崩落を未然に防止するために必要な工事などを支援する宅地耐震化推進事業を創設しました。

県内の大規模盛土造成地の存在周知と防災意識を高めることなどを目的として、県において抽出調査が行われ、その結果を県HPにて公表しております(県のリンク)。

今後は、モニタリングを実施し、必要に応じて安全性を確認するなど、大地震時等における災害防止に努めていきます。

大規模盛土造成地とは

大規模盛土造成地
滑動崩落

大規模盛土造成地マップの最新状況

【那須塩原市の大規模盛土造成地】

・谷埋め型:1箇所

・腹付け型:3箇所

・合計: 4箇所

【注意事項】

この大規模盛土造成地マップは、大規模盛土造成地の存在を知っていただくことにより、市民の皆さんの防災意識を高めていただくことを目的としています。この大規模盛土造成地マップは、宅地造成前後の地形図等を比較して、大規模盛土造成地のおおよその位置や範囲を表示したものであり、表示した箇所の危険度を表したものではありません。また、大規模盛土造成地内の土地に対して特別な手続きは必要ありません。

関連リンク

この記事に関するお問い合わせ先

建設部 都市計画課 開発指導係

〒325-8501
栃木県那須塩原市共墾社108番地2

電話番号:0287-62-7048
ファックス番号:0287-62-7224

お問い合わせはこちら
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?



このページの情報は見つけやすかったですか?