防災ハザードマップ

更新日:2022年05月30日

防災ハザードマップとは

防災ハザードマップは、河川の浸水想定区域や土砂災害警戒区域など災害が起こる危険性がある箇所を地図に表示することで、災害が発生した際に市民の皆さんが円滑に避難することができるように作成したものです。

防災ハザードマップが新しくなりました

那須塩原市では、防災ハザードマップを令和4年3月に改訂しました。

これまで、地区ごとに作成していた防災ハザードマップを冊子にし、1冊で市内全域を確認することができるようになりました。また、災害時における自らの行動を自ら定める「マイ・タイムライン」等の避難行動に関する内容も追加しました。

冊子は目につきやすい「B4サイズ」です。

防災ハザードマップを活用し、いざという時に備えましょう。

防災ハザードマップの配布場所

防災ハザードマップは令和4年6月に自治会を通じて配布します。また、次の場所でも配布しますので、自治会未加入者はお受け取りください。なお、転入者には転入届時に窓口でお渡しします。

  • 本庁危機管理室
  • 西那須野支所総務税務課
  • 塩原支所総務福祉課
  • 箒根出張所
  • 市内各公民館

防災ハザードマップ(PDF版)

この記事に関するお問い合わせ先

総務部 危機管理室

〒325-8501
栃木県那須塩原市共墾社108番地2

電話番号:0287-62-7150
ファックス番号:0287-62-7220

お問い合わせはこちら

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?



このページの情報は見つけやすかったですか?