ごみの排出時における新型コロナウイルス感染症対策について

更新日:2021年11月30日

新型コロナウイルスの感染症予防対策のために、ご家庭や事業所から排出されるマスク等の廃棄については、以下のとおり御対応くださいますようお願いします。

家庭から排出する場合

  • 使用済マスクやティッシュ等のごみは、感染症予防対策の観点から、「ごみに直接触れない」、「ごみ袋はしっかりしばって封をする」、「ごみを捨てた後は手を洗う」を心がけてください。
  • ごみを収集運搬する事業者が感染してしまうと、ごみの処理が滞り、生活環境への影響が懸念されますので、ごみが袋の外側に触れないようにしてください。

※万一、ごみが袋の外側に触れた場合は、新しい袋で二重にしてください。

(参考)

事業所から排出する場合

  • 家庭ごみと同様に御対応願います。
  • 医療関係機関等から出る感染性廃棄物に関しては、「廃棄物処理法に基づく感染性廃棄物処理マニュアル」に沿って処理してください。

(参考)

避難所から排出する場合

環境省ホームページへのリンク

  • 以上のマニュアル等は環境省ホームページにも掲載されております。

栃木県ホームページへのリンク

  • 栃木県ホームページでもごみの排出時における新型コロナウイルス感染症対策について載せています。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 廃棄物対策課

〒325-8501
栃木県那須塩原市共墾社108番地2

電話番号:0287-62-7301
ファックス番号:0287-62-7202

お問い合わせはこちら
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?



このページの情報は見つけやすかったですか?