市長挨拶

更新日:2022年01月01日

那須塩原市長渡辺美知太郎写真

那須塩原市ホームページを御覧いただき、誠にありがとうございます。

昨年も、多くの方々に助けられた年でした。

重点的に取り組みました新型コロナウイルスワクチン接種におきまして、県内初の職域接種相談センターを立ち上げ職域接種を積極的に支援したほか、土日祝日や平日夜間の接種も行ってきました。その取組が、若い世代における接種率の高さや、県内14市の中で最も早く1回目接種率が70%を超えた事に結びついたものと考えております。御協力いただきました医療機関の皆様、職域接種に御尽力いただきました各団体の皆様、そして接種会場に足を運んでいただいた多くの市民の皆様に心から感謝申し上げます。今後の3回目接種についても、円滑な接種体制の構築を進めてまいります。

観光分野においては、昨年5月に、塩原温泉街にて、その土地ならではの食を楽しみ、自然や文化・歴史を体感する「ONSEN・ガストロノミーウォーキング」を開催し、大変好評をいただきました。本年は、西那須野地区での開催を予定しております。また、昨年9月には、日光国立公園内の塩原・板室温泉地区が、栃木県内初となる環境省の「ゼロカーボンパーク」に登録されました。さらに10月には、独自の新型コロナウイルス対策などが評価され、国際的な認証団体「グリーン・デスティネーションズ」から、本市が「世界の持続可能な観光地TOP100選」に選出されました。今後も、ウィズコロナ・アフターコロナを見据えた、持続可能な選ばれる観光地づくりを進めてまいります。

教育分野においては、喫緊の課題である新型コロナウイルス感染症対策として、指定避難所でもある小中学校の体育館や屋外トイレの改修、校舎などの水道蛇口のセンサー化を行っています。また、令和5年4月の箒根地区の4校(関谷小、大貫小、横林小、箒根中)を一つとした施設一体型義務教育学校である箒根学園の開校に向け、地域の皆様に御意見をいただきながら準備を進めているところです。

本年10月に開催される「いちご一会とちぎ国体・とちぎ大会」においては、本市は、とちぎ国体でサッカー、ソフトテニス、馬術、ゴルフ、トライアスロンの5競技とデモンストレーションスポーツ2競技、とちぎ大会でボッチャの1競技、合計8競技の会場となっています。再生可能エネルギーの活用など、環境に配慮した大会運営の取組も進めてまいります。

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会においては、オーストリア共和国のトライアスロンチームの事前キャンプを受け入れたほか、市民の皆様とオリンピアン・パラリンピアンとの交流も数多く行いました。また、昨年10月には、ホストタウン事業をきっかけとして、東京都港区内にて本市の特産品をPRする機会を得ました。今後は、オリパラのレガシー(有形・無形の社会遺産)を未来につなげてまいりたいと考えております。

まちづくりの分野においては、昨年3月に、30年後の那須塩原駅周辺の将来像を描いた「那須塩原駅周辺まちづくりビジョン」を策定しました。那須塩原駅周辺が栃木県北の玄関口としてふさわしいエリアとなるよう、取り組んでまいります。また、公民館等を拠点とした分散型の地域づくりを進めてまいります。

本市は、市民の皆さんが「ここに住んでいれば安心」「ここに住んでいれば生き延びられる」と実感できるよう、持続可能なまちの構築に向けて、「那須野が原グリーンプロジェクト」に取り組んでいます。本年は、地域の再生可能エネルギーを最大限に活用して、エネルギーと経済の地域内循環を実現するための地域新電力の設立や、災害対応力強化のための、停電時の電力供給も可能な脱炭素先行地域の構築などを進めてまいります。

本年は、市長に就任して4年目を迎えます。初心を忘れることなく皆様が安心して住み続けられる「持続可能なまちづくり」の取組を加速させるとともに、DX(デジタルトランスフォーメーション)を取り入れた新しい施策も展開し、市民の皆様の安全・安心と地域の経済を守ってまいる所存です。

皆様の御支援御協力をお願いいたします。

令和4(2022)年1月
那須塩原市長 渡辺 美知太郎

この記事に関するお問い合わせ先

企画部 秘書課 秘書係

〒325-8501
栃木県那須塩原市共墾社108番地2

電話番号:0287-62-7108
ファックス番号:0287-63-1240

お問い合わせはこちら
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?



このページの情報は見つけやすかったですか?