止まっていますか?「横断歩道」

更新日:2021年12月02日

横断歩道は歩行者優先です。

信号機の無い横断歩道を渡ろうとしている歩行者、または自転車がいる場合、車両等は横断歩道の前で一時停止し、その歩行者等の通行を妨げないようにしなければいけません。違反をした場合には、罰金が科せられます。

栃木県の「信号機の無い横断歩道」での車の一時停止率は全国22位(2021年)

平成30年8月に実施した日本自動車連盟(JAF)の調査によると、栃木県内で信号機の無い横断歩道を歩行者が横断しようとした際に、一時停止をしたドライバーの割合は0.9%で、全国最下位という結果になりました。

令和3年の調査では、前年度より16.8%上昇して31.0%となり、全国で22位となりました。
歩行者が安全な横断をできるよう引き続きドライバーの皆様のご協力をお願いします。

調査表
調査年 停止率(%) 順位
平成30(2018)年 0.9 47(最下位)
令和元(2019)年 13.2 29
令和2(2020)年 14.2 36
令和3(2021)年 31.0 22

 

横断歩道を見かけたら歩行者等がいないか確認しましょう

歩行者等がいないことが明らかな場合を除いて、車両等は横断歩道の手前で減速する義務があります。

運転する際に横断歩道の道路標示を見たら、減速をして歩行者がいないかを確認し、いる場合には横断歩道の手前で一時停止をして、歩行者等の横断を妨げないようにしましょう。

相手の立場に立った余裕のある運転で、車両にも、歩行者にも優しい交通ルールを徹底しましょう。

この記事に関するお問い合わせ先

市民生活部 生活課 交通対策係

〒325-8501
栃木県那須塩原市共墾社108番地2

電話番号:0287-62-7127
ファックス番号:0287-62-7202

お問い合わせはこちら
より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください
このページの情報は役に立ちましたか?



このページの情報は見つけやすかったですか?