注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 住まい・くらし > 消費生活

ここから本文です。

消費生活

火災保険や地震保険を使って修理の勧誘を受けた時の確認ポイントについて

消費者庁では、火災保険や地震保険を使って修理の勧誘を受けた時の確認ポイントをまとめました。

特殊詐欺撃退機器(通話録音装置)を無償で貸し出します

高齢者を特殊詐欺や悪質商法等の被害から守るため、特殊詐欺撃退機器(通話録音装置)を無償で貸与する。

消費者行政に関する市長表明

消費者行政について、相談体制の整備等の市長の表明文です。

湯たんぽによる低温やけどに注意しましょう!

湯たんぽを身体の同じ部分に使用し続けると、低温やけどを負う場合があるため注意が必要です。

えっ!通信販売はクーリング・オフできないの?

通信販売にはクーリング・オフ制度はありません。事前に返品の可否や条件などをよく確認しましょう。

株式会社エデュカルモチベーションズほか3事業者が行う学力診断テスト等の役務及び学習教材の訪問販売に関する注意喚起

中国経済産業局が令和3年2月3日付けで特定商取引に関する法律に基づく業務停止命令及び指示を行いました。

コロナ禍における消費者被害防止キャンペーンの実施について

コロナ禍に乗じた詐欺やトラブルが増えており、ネット通販やSNSを通じた詐欺・トラブル等に関する消費生活相談が増えています。
このような状況を鑑み、消費者庁では2月8日より消費者被害防止キャンペーンを実施します

新型コロナワクチン詐欺に関する注意喚起について

新型コロナワクチン感染症にかかるワクチン接種のために必要とかたり、
金銭や個人情報をだましとろうとする電話やメールに関する相談が各地の消費生活センターへ寄せられております。
そのため、消費者庁では、関係省庁と連携の上コロナワクチン詐欺に関する注意喚起資料を公表しました。

災害に便乗した悪質商法に注意

地震等の災害の後には便乗した悪質商法等のトラブルが発生する傾向にあります。十分注意しましょう。

消費者被害の未然防止に係る消費者庁公表資料について

消費者庁及び国民生活センターから若者が被害に遭いやすい「情報商材」「マルチ商法」「転売ビジネス」について資料を公表しました。

「Microsoft」のロゴを用いて信用させ、パソコンのセキュリティ対策のサポート料などと称して多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

「Microsoft」のロゴを用いて信用させ、パソコンのセキュリティ対策のサポート料などと称して多額の金銭を支払わせる事業者に関する注意喚起

虚偽・誇大なアフィリエイト広告に関する注意喚起

消費者庁では、株式会社Libeiro及び株式会社シズカニューヨークが、それぞれ行っていた虚偽・誇大なアフィリエイト広告に関して注意喚起を行いました。

【注意】店舗での買い物はクーリング・オフできません

店舗での購入はクーリング・オフできません。ご注意ください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?