注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 生涯学習 > 令和2年度「地域いきいき学部講座」一覧

ここから本文です。

更新日:2020年8月11日

令和2年度「地域いきいき学部講座」一覧

暮らしの中の経済(宇都宮共和大学連携講座【前期】)

こちらの講座は、中止になりました。

宇都宮共和大学より講師を迎え、専門的な学びをやさしく提供する講座です。

暮らしの中の経済チラシ

  • 日程 6月4日(木曜日)、6月11日(木曜日)
  • 時間 各回とも午前10時から11時30分
  • 会場 宇都宮共和大学那須キャンパス(鹿野崎131)
  • 対象 どなたでも(※とちぎ県民カレッジ登録講座)
  • 定員 50名
  • 参加費 無料
  • 申込締切 5月28日(木曜日)
  • 申込・問い合わせ 生涯学習課 電話0287-37-5364

 

第1回 アベノミクスって何だろう ~経済・生活はどう変わったか~

【講師】宇都宮共和大学シティライフ学部特任教授 森 寛史(もり ひろし)氏

長期にわたる日本経済低迷に対して、「失われた20年」などといわれ続けて久しくなっています。歴代内閣最長を誇る安倍政権下において、いわゆるアベノミクスと呼ばれる(旧、新)”三本の矢”という経済政策が取り組まれてきましたが、それによって私たちの生活・経済はどう変わってきたのか、できるだけ具体的なデータや事例を使って、アベノミクスの成果と課題についてみなさんと考えていきます。

第2回 政府の借金って何だろう ~消費税はなぜ必要なのか~

【講師】宇都宮共和大学シティライフ学部専任講師 今 喜史(こん よしふみ)氏

2019年、消費税率は10%となりました。政府の借金が多くて大変なのだから仕方ない、と理解を示す声もありますが、国民の負担が増えるとやがては景気も悪化し、後々もっと大変なことになるという批判もなされています。この講座では、日本の財政がアベノミクス以降どう変わってきたのかをふり返りながら、政府の借金とわたしたちの暮らしの関係について、あらためて何が問題なのかみなさんと考えていきます。

科学講座「力学の真髄~ニュートンの力学、アインシュタインの力学、量子力学~」

こちらの講座は、中止になりました。

  • 日程

 第1回 4月11日「仏教の因縁果とニュートン」

 第2回 4月18日「慣性の法則と充足理由律」

 第3回 5月9日「作用反作用の法則と充足理由律」

 第4回 5月16日「運動量とエネルギー」

 第5回 5月23日「相対性理論の時間、空間」

 第6回 5月30日「アインシュタインの力学」

 第7回 6月6日「量子力学」

 全て土曜日、午後6時から午後8時

  • 会場 東那須野公民館
  • 対象 市民、市内勤務・通学者
  • 参加費 無料
  • 定員 30名
  • 申込期限 3月9日(月曜日)
  • 申込・問い合わせ 生涯学習課 電話0287-37-5364

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課生涯学習係

電話番号:0287-37-5364

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?