注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 史跡 > 摂政宮殿下御野立所跡

ここから本文です。

更新日:2017年6月29日

摂政宮殿下御野立所跡

摂政宮殿下御野立所跡昭和天皇が摂政宮殿下当時に高原山に御遠乗りになられた際に、休憩をとられた場所です。摂政宮は松方公爵(千本松農場主・元内閣総理大臣)の別邸に8日間滞在し、滞在期間中は、当該地の他に、青木農場や傘松農場等を行啓されました。現在、この地は雑木に覆われ、当時の眺望は失われていますが、塩原町青年團により建てられた「摂政宮殿下御野立所」碑が残されており、本市の歴史を伝える貴重な史跡となっています。

 

 

 

 

名称

摂政宮殿下御野立所跡

指定年月日

平成29年3月30日

指定別

市指定

区分

記念物

種別

史跡

所在地

那須塩原市字前黒国有林411林班る2小班

所有者

塩那森林管理署

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課 

電話番号:0287-37-5364

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?