注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 公民館 > 厚崎公民館 > 子どもチャレンジクラブ「子ども体験クラブ」(小学生)

ここから本文です。

更新日:2020年7月3日

子どもチャレンジクラブ「子ども体験クラブ」(小学生)

クラブの内容令和2年度中止)

開催:6月から2月

回数:全8回

対象:共英小学校、埼玉小学校の親子

場所:主に厚崎公民館で実施します。

申込:公民館にご相談ください。

内容:未定

令和元年度の活動の様子

1年間の活動アンケートより(令和2年2月9日)

  • 「親子で楽しく参加させていただきました。金額も安すぎて申し訳ないほど...。主催者さんは大変そうですが、来年もやりたいと本人が言っていますので、ぜひ企画してください。学校ではおとなしい子ですが、クラブでは小さい子の面倒を見たりと積極的で親として嬉しかった。成長が見られました。」
  • 「一年間様々な活動を経験させていただき、ありがとうございました。参加して良かった。本当に良い経験となりました。子どもの興味も広がり、新しい事にチャレンジするようになりました。ありがとうございました。」
  • 「一年間でこんなにたくさんの体験をさせてくれる所は見たことがありませんでした。指導者の皆様、公民館の職員さん、本当に大変だったと思います。子供達の面倒みるのも大変な中、温かい心ででいつも接してくださって本当にありがとうございます!」

第10回みそづくり教室とランチ会(令和2年2月9日)

須藤和男さんに、「みそづくり」を教えていただきました。参加した親子は、「みそづくり」が初めてでした。子どもたちは、米、麹菌、米麹、大豆を観察しました。保護者は、蒸した大豆をつぶす作業などを体験しました。その後、全員で蒸した大豆と麹を混ぜ合わせました。最後に、それぞれ家族ごとに樽に入れて持ち帰りました。自宅で発酵の様子を観察しながら熟成させ、夏を過ぎる頃には美味しくなっていることでしょう。

第1部みそづくり

参加した保護者の声
  • 「米麹を初めて見ました。甘酒ってお酒が入っていないものがあると初めて知りました。」
  • 「初めてみそをつくりました。腕が痛くなりました。」
  • 「お味噌の出来上がりが楽しみです。」

元年度こどもみそづくり1

元年度子どもみそづくり2

 

元年度子どもみそづくり3

元年度子どもみそづくり4

第2部ランチ会

NPO法人「那須食育塾」の皆さんが、”みそ”を使ったお昼ごはんを作ってくれました。皆で食べるお昼ごはんは、いつもより食が進むようでした。みそのおにぎり(3つ目)をおかわりする子もいました。那須食育塾の平山さんから「みそのおにぎりは、焼いても美味しいし、冷めても美味しいからお弁当にもいいのよ。」と教えてもらいました。

参加者の声
  • 「みそのおにぎりを初めて食べました。子どもも食べていました。今度作ってみようと思います。」
  • 「煮物の味が絶品でした。レシピを教えてもらいたいです。」

第9回お菓子づくり教室(令和元年12月22日)

ABCクッキングスタジオの高倉希先生に「クルミのスノーボールづくり」を教えていただきました。オーブン焼いている間に、高倉先生が作ってくれた「リンゴのケーキ」を食べて楽しみました。

第1部クルミのスノーボールづくり

元年度子ども体験クラブお菓子づくり

ビニール袋に材料を入れて軽くもみました。その後、手で丸めました。

元年度子ども体験クラブお菓子づくり2

第2部お茶会(りんごのケーキ)

元年度子ども体験クラブお菓子づくり茶会

参加者の声
  • 「思っていたより簡単にできました。」
  • 「とっても美味しくできました。もっと食べたかったです。」
  • 「今度、家で作ってみます!」

第8回あつさき公民館まつり「くじ屋さん」(令和元年11月30日&同年12月1日)

子ども体験クラブで出店企画のワークショップを行い、「くじ屋さん」を出店することになりました。クラブ員が自宅から持ち寄った文房具などを、景品にしました。

この日、「くじ屋さん」になった子どもたちは、大きな声を出してお客さんを呼び込んだり、景品の説明をしました。1回100円の料金もしっかり受取り、おつりも計算できました。今日一日でたくさんの経験ができました。すごい成長だったね!

売上金の一部はまつりの実行委員会に寄付し、残りは次回のランチ代に充てました。

 

元年度まつりくじ屋さん子ども体験クラブ

元年度くじ屋さん4

 

元年度くじ屋さん子ども体験クラブ3

第7回あつさき公民館まつりの企画ワークショップ(令和元年10月20日)

子ども体験クラブの子どもたちが、あつさき公民館まつりに出店するお店を企画しました。たくさんの意見の中から一つに絞りこむ合意形成の手法を学びました。

最終プレゼンを行った後、グル―プで「実現性(できそうなもの)」「「困難度(むずかしいもの)」について話し合いを行いました。

その後、実現できるものは赤シールを、困難なものには青シールを貼りました。最終的に赤いシールが一番多く、青いシールの少ない「くじ屋さん」に決定しました。

元年度まつり企画子ども体験1

 

元年度まつり企画子ども体験2 

 

 

元年度まつり企画子ども体験3

第6回草木染教室(令和元年9月21日)

市内外で活躍している草木染の渡辺せつ子先生と厚崎公民館で活動している染色サークルの方々に草木染を教えていただきました。厚崎中学生が植えてくれた公民館の花壇に咲いているマリーゴールドの花を摘んで染めました。

染色作業

布にビー玉やおはじきを置いて、オリジナルの模様をデザインしました。ビー玉やおはじきは、輪ゴムで縛りました。

 

元年度草木染子ども体験クラブ1

マリーゴールドを煮こんだ液に、布を漬け込みます。元年度草木染子ども体験クラブ2

マリーゴールドの絞りのスカーフが出来上がりました。渡辺先生、指導してくださった方々ありがとうございました。

元年度草木染子ども体験クラブ3

第6回卓球教室(令和元年8月31日)

厚崎公民館で活動している卓球サークルの高橋明さんが、卓球の基礎を教えてくれました。パパやママの中には、卓球経験者も数人いました。「懐かしい!何年ぶりかしら。」と言いながら、親子で楽しく卓球する姿が見受けられました。

途中、思うようにできなくて悔し涙を流す子もいました。「お子さんが”できない壁”に遭遇して、くじけそうになったとき、どう寄り添うか?」それが子育ての最大のテーマでもあります。親が傍にいると、どうしても甘えてしまい、一歩先に進むことができないときがあります。そんなときは適度な距離をとりながら見守るのもいいのかもしれません。お父さんと離れたその子は、球拾いをお手伝いし、いつの間にかお友達と壁打ちに夢中になっていました。子どもは、楽しいことを見つける天才なんですね。

元年度卓球教室子ども体験クラブ1

 

元年度卓球教室子ども体験クラブ3

元年度卓球教室子ども体験クラブ4

第5回「おもりのはたらき」実験教室(令和元年8月10日)

「おもりのはたらき」実験教室を永田三郎先生に指導してもらいました。子どもたちに科学の面白さを伝えたいと活動しています。「おきあがりこぼし」と「やじろべえ」を作り、実験結果を予測しながら実践します。予想外の結果になることも多く、子どもたちから驚きの声が上がっていました。

元年度科学の実験教室子ども体験クラブ

 

元年度科学の実験教室おきあがりこぼしづくり

元年度科学の実験教室水上実験

 

第3回陶芸教室絵付け(令和元年7月28日)

講師の田代五十六さんの工房で、陶器の絵付けをしました。素焼きした陶器は、自分で成形したときよりも小さくなっていました。「ダイエットに丁度いいわ」と言って笑っているママがいました。器に「何色の釉薬を塗ろうか?」と長い間悩んでいるママもいました。大人は慎重に色をつけますが、子どもたちはあっという間に筆を走らせていました。お盆過ぎには焼き上がり、配布されました。夏休みの宿題に出品した子もいたようです。

説明をする田代さん

元年度陶芸絵付け子ども体験クラブ3

紙やすりを使っての面取り作業

元年度陶芸絵付け子ども体験クラブ1

釉薬の色づけ作業

元年度陶芸絵付け子ども体験クラブ2

出来上がりの陶器

元年度陶器仕上がり

第2回ニュースポーツ体験(令和元年6月30日)

那須塩原市レクリエーション協会の方々に親子でできる体操とディスコンを教えていただきました。

親子体操の時間

元年度ニュースポーツ子ども体験クラブ1

ディスコンの説明をする菊地彰さんと興味深く見つめる子どもたち

元年度ニュースポーツ子ども体験クラブ2

ディスコン競技中

元年度ニュースポーツ子ども体験クラブ4

 

第1回陶芸教室形づくり(令和元年度6月2日)

陶器美クラブの方々の指導の下、親子陶芸教室を開催しました。1日目となるこの日は、成形作業を行いました。それぞれ作りたいもの(形)を選んでグループに分かれました。一番人気はろくろで作る「お茶碗」でした。子どもたちより、パパやママのほうが熱中しているようでしたね。

お茶碗づくりの班

元年度陶芸成形子ども体験クラブ1

お皿づくりの班

元年度陶芸成形子ども体験クラブ2

湯呑づくりの班

元年度陶芸成形子ども体験クラブ3

土鈴づくりの班

元年度陶芸成形子ども体験クラブ5

成形出来上がり

この後、素焼きし、7月には絵付けします。

元年度陶芸成形子ども体験クラブ4

 

厚崎公民館内ページリンク

厚崎公民館の他のページを見たい場合は、こちらをクリックしてください。

 

 



お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課 厚崎公民館       

電話番号:0287-60-1166

ファックス番号:0287-60-1170

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?