注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 史跡 > 離室城跡

ここから本文です。

更新日:2013年7月9日

離室城跡

名称

離室城跡

指定年月日

平成9年3月31日

員数

1

指定別

市指定

種別

記念物

区分

史跡

所在地

塩原1450-1

所有者

個人

見学にあたって

駐車場なし

地図リンク

離室城跡

離室城跡

康暦2年(1380)、宇都宮氏の著しい躍進と外交手段により塩原に進入してきた君島信濃守は塩原温泉を守護するため、新たに出城を造り「離れ室」と称した。この城は、前方を箒川に巻かれ、後ろには山を背負い、眼下に塩原の盆地を一望することができ、守りに堅く、攻めるに困難な「地の利」をしめた地勢であった。

城郭は東西約50メートル、南北約36メートル。本丸を中心に北西には箒川の流れに沿って外堀を、東は緩やかな地形に沿って土塁と空堀を、南は富士山に対して土塁と空堀を設けており、規模は小さいながら山城の形態をよく残している。

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?