注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 建造物 > 妙雲寺(本堂)

ここから本文です。

更新日:2020年10月5日

妙雲寺(本堂)

妙雲寺(本堂)

妙雲寺(本堂)

妙雲寺創立は寿永3年(1184)平貞能(たいらのさだよし)の手により草庵を結び、正和元年(1312)妙雲寺と改め甘露山の号を付し寺院を建立した。その後文禄2年(1593)落雷のため焼失、元文2年(1737)、時の住職乙道和尚が再建を目指して尽力したが、実現しないうちに逝去した。

そして、元文5年(1740)、大鏡禅宜(だいきょうぜんぎ)和尚の時に再建された。寄棟造、廻縁には高欄が付けられ、屋根は銅板葺(再建当時は萱葺(かやぶき))で、内陣の間などに繁栄が偲ばれる。

寺の本堂内陣の宮殿も、市指定有形文化財に指定されている。

名称

妙雲寺(本堂)(みょううんじ(ほんどう))

指定年月日

平成5年(1993)3月31日

員数

1棟

指定別

市指定

区分

有形文化財

種別

建造物

所在地

塩原665

所有者

妙雲寺

見学にあたって

駐車場あり

地図リンク

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?