注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 史跡 > 鳩が森城跡

ここから本文です。

更新日:2013年7月9日

鳩が森城跡

名称

鳩ヶ森城跡

指定年月日

昭和48年5月3日

員数

1

指定別

市指定

種別

記念物

区分

史跡

所在地

宇都野786-3

所有者

個人

見学にあたって

駐車場なし

地図リンク

鳩ヶ森城跡

鳩ヶ森城跡

鳩ヶ森城は、寛治3年(1089)に山本上総介家隆によって築かれた。山本氏は白鳳時代に創建された嶽山箒根神社の別当職を代々務めた家系で、後三年の役の際、源義家に従い軍功をたて、山本上総介家隆と名を改めた。併せて箒川沿岸8か村、伊佐野郷15か村を支配した。

鎌倉時代以後、室町時代にかけて塩谷郡は主に宇都宮城主に従う豪族山本氏・氏家氏・塩谷氏の3氏が支配していた。天文2年(1533)城主山本伊勢守資宗の時代、大田原備前守資清に攻略され、鳩ヶ森城は落城し、28代440年余続いた山本城主の歴史は終焉した。

城郭は南北約220メートル、東西約150メートルの楕円形で、東面は箒川に沿って斜面があり、南西側には深い天然堀、北面には土塁を高く築かれている。城跡の保存状態が良く、当時の城の規模や形状がよく分かる。

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?