注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 天然記念物 > 乃木神社の樹林

ここから本文です。

更新日:2020年10月16日

乃木神社の樹林

この樹林(林)は乃木神社の境内の一部で、大木が多く、この地区の自然林の特徴が見られる貴重な林である。
主なものはシカラシ・ケヤキ・スギ・ヤブツバキ・シロダモ・オオモミジ・サワラ・ヒノキ・アカシデ・サワグルミ・モミなどで、大きい木の推定樹齢は100~200年である。
この樹林は乃木清水の南側に位置し、比較的水の豊富な地域の林の特徴が見られる。また長い間木が伐られておらず、昔からの自然のままの姿を残す非常に数少ない平地林である。この地は、明治24年(1891)に乃木将軍で知られる乃木希典(のぎまれすけ)が買い求めた所で、将軍は翌25年(1892)この一角に別邸を建て、休職時に晴耕雨読の生活を送った。将軍は別邸近くの乃木清水で顔を洗い、この林を散策した。将軍の死後4年を経た大正5年(1916)、この地に乃木神社がまつられた。そして昭和41年(1966)には、神社の境内のうち約3.7ヘクタールが旧西那須野町の公園(乃木公園)となった。

乃木神社の樹林(のぎじんじゃのじゅりん)

昔からの姿を残す数少ない樹林

名称

乃木神社の樹林(のぎじんじゃのじゅりん)

指定年月日

平成3年(1991)3月1日

指定別

市指定

区分

記念物

種別

天然記念物

所在地

石林800-1

所有者

乃木神社

見学にあたって

乃木公園内。駐車場あり。

地図リンク

地図リンク(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?