注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 天然記念物 > 大山小学校のキガンピ

ここから本文です。

更新日:2020年10月16日

大山小学校のキガンピ

キガンピとは近畿以西の本州・四国・九州・韓国南部の温暖な山地に自生する落葉低木で、樹皮は和紙の材料となる。現在、このキガンピは分布域の北限または隔離分布する暖地性種ということで貴重な植物になっている。
昭和14年(1939)に刈切(大田原市)のコナラ・クヌギ林に自生しているのを発見、その後狩野地区、西那須野地区の大山墓地で確認されていたが、太平洋戦争後の森林開発と宅地化によって一時は自生が確認できなくなっていた。
平成元年(1989)大山地区を調査中、大山小学校敷地に約50株自生しているのを発見した。大山農場を開設した大山巌(おおやまいわお)は九州出身で、氏の墓地造成にあたって郷土の樹木や土を運んだ際、その土の中にキガンピの種子が混じり、それが生育して繁殖したのではないかという説がある。

大山小学校のキガンピ

名称

大山小学校のキガンピ(おおやましょうがっこうのきがんぴ)

指定年月日

平成10年(1998)3月31日

員数

約100株

指定別

市指定

区分

記念物

種別

天然記念物

所在地

下永田8-7-1

所有者

大山小学校

見学にあたって

小学校校庭に自生しているので、見学する際には職員室に声をかけてください。駐車場あり。

地図リンク

地図リンク(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?