注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 史跡 > 三島農場事務所跡

ここから本文です。

更新日:2013年7月8日

三島農場事務所跡

名称

三島農場事務所跡

指定年月日

昭和39年10月1日

員数

1

指定別

市指定

種別

記念物

区分

史跡

所在地

三島5丁目1-8

所有者

那須塩原市

見学にあたって

那須野が原博物館敷地。駐車場あり。

地図リンク

これは肇耕社(ちょうこうしゃ)並びにこれを引き継いだ三島農場の事務所跡で、那須野ヶ原の歴史にとって重要な所である。その主な理由は次の通りである。

  1. 肇耕社及び三島農場の事務所として、約70年間農場経営の本拠地であった。
  2. 明治17年(1884)、洋画家 高橋由一の写生旅行の出発点で、東北旅行後再び、この地にもどった。
  3. 明治18年(1885)、那須疏水の開通式が行なわれた(内務卿山縣有朋らが出席)。

事務所は木造2階建て、建坪は45.5坪(150.15平方メートル)であった。昭和52年(1977)1月に解体され、敷地跡には同年、西那須野町郷土資料館が開館した。この郷土資料館は平成5年(1993)に焼失したが、同16年(2004)に那須野が原博物館が開館し、塩原街道沿いの隣接地には道の駅(初め「にしなすの」、現「那須野が原博物館」)が設置された。博物館周辺の池や土手(土塁)・ヤウラ(防風林)等は、当時の面影を残している。

三島農場事務所跡

三島農場事務所跡

解体前の三島農場事務所

解体前の三島農場事務所

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?