注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 県指定 > 絹本著色羅刹天

ここから本文です。

更新日:2020年10月5日

絹本著色羅刹天

「羅刹天とは古代インド神話の鬼神で悪鬼の王と言われていたが、のちに仏教の守護神となり、仏画では仏法守護の神十二天の一つとして描かれている。」(「とちぎの文化財」より)
「顔面深紅(しんく)、頭髪逆立ち、両眼を見開き、両牙を現わした分怒形(ふんぬけい)で、革の鎧(よろい)に身を包んでいる。
右手には剣を持ち、左手は掌を左向きに立て、その小指と薬指とを起こし、他の指は屈している。石帯でしめられた鎧には、金泥をもって、麻繫、亀甲桝、宝相華くずし、法輪などの文様が描かれている。」
(『栃木県の文化財』より抜粋)
画像に巨勢(こせ)派の画風が見られ、この流派が奈良に移り、絵仏師として活躍した鎌倉時代の作と推定される。彩色の材料には、墨・金泥・銀泥・漆・アカネやウコンの草木の染料が使用されている。軸装も入念で、軸頭には蓮華紋などの見事な文様がほどこされている。

絹本著色羅刹天(けんぽんちゃくしょくらせつてん)

絹本著色羅刹天

名称

絹本著色羅刹天(けんぽんちゃくしょくらせつてん)

指定年月日

昭和54年(1979)2月2日

員数

1幅

指定別

県指定

区分

有形文化財

種別

絵画

所有者

個人所有

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?