注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 史跡 > 常盤ヶ丘

ここから本文です。

更新日:2012年3月14日

常盤ヶ丘

標高248.5メートルの丘で、中腹には那須野ヶ原開拓の恩人である印南丈作(那須開墾社社長)、矢板武(2代目那須開墾社社長)、那須開墾社関係者の安藤治輔(じすけ)(那須開墾社社員)・品川貞之進(さだのしん)(那須開墾社植林事務所長)、印南トメ(印南丈作夫人)の5人の墓がある。那須野ヶ原の広大な原っぱにあったこの丘は、松の緑におおわれていた。印南丈作はこの地を愛し、死後、生前の希望によりこの地に葬られた。

常盤ヶ丘(ときわがおか)

常盤ヶ丘中腹にある印南丈作・矢板武らの墓

名称

常盤ヶ丘(ときわがおか)

指定年月日

昭和39年(西暦1964年)年10月1日

員数

1

指定別

市指定

種別

記念物

区分

史跡

所在地

二つ室73ほか

所有者

那須塩原市

見学にあたって

丘の麓に長延寺の駐車場がある。

地図リンク

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?