注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 天然記念物 > 光徳寺門前の杉並木

ここから本文です。

更新日:2020年10月5日

光徳寺門前の杉並木

光徳寺参道の入口から約93メートルの杉並木で、落雷などにより損傷した樹や枯死した樹も一部あるが、このような老木の並木が現存しているのは市内唯一のものである。また、禅寺である光徳寺の風情とあわせ見る老杉並木の景観は、かつて「黒磯市20景」の一つに数えられた名勝地でもある。
光徳寺は、護安和尚によって開基された曹洞宗の寺で、永正9年(1512)5月、能山宗芸和尚によって開山されている。寺の前方に護安沢と称する沢があるのは、すなわち開基の名を取ったものである。

光徳寺門前の杉並木(こうとくじもんぜんのすぎなみき)

光徳寺門前の風景

光徳寺の写真

光徳寺

名称

光徳寺門前の杉並木(こうとくじもんぜんのすぎなみき)

指定年月日

昭和47年(1972)10月25日

員数

39本

指定別

市指定

区分

記念物

種別

天然記念物

所在地

百村2034

所有者

光徳寺

地図リンク

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?