注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 史跡 > 境の紅葉

ここから本文です。

更新日:2013年7月10日

境の紅葉

名称

境の紅葉

指定年月日

昭和47年10月25日

員数

1

指定別

市指定

種別

記念物

区分

史跡

所在地

島方152

所有者

個人

地図リンク

境の紅葉

境の紅葉

『那須記』巻の三に、西行法師が奥州藤原秀衡を訪ねた帰り鍋掛に宿り、「中野楓」の評判を聞き、その地(中野)を訪ねて美女と問答し、美女は「古き人の申伝へには万葉綿木と伝へて候」と答えて姿を消し、それに感じた西行が、

尋ぬれば 青葉の梢色濃くて 何もたへせぬ にしきなるらん

と詠んで立去ったとある。また『那須記』には「誠に名木なり。春は梢紅にして葉黄色なり、秋は梢黄にして大葉紅なりと言ふ。四季に替り五色となり、錦をさらすに異ならず」と記している。

楓は明治19年(1886)の鉄道敷設工事の際に切られ、そのひこばえを移植したが、平成12年(2000)枯死してしまい、3、4代後の実生の若木を現在育成している。かつて、下中野と島方の村境にあったためこの名がついた。室井家文書では「阿弥陀紅葉」と記され、吉野の紅葉峠から移したとある。歌碑も現存し、「文治五年五月」(1189)と刻してある。下の句は「いつもたへせぬ」と刻んであり、これが正しいかも知れない。興味ある風雅な史跡である。

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?