注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 国指定等 > 逆杉

ここから本文です。

更新日:2020年10月5日

逆杉

逆杉塩原八幡宮の境内にあり、推定樹齢は約1,500年とされている。スギの木は、多少は枝を垂れるものであるが、この木は太い枝が垂れた姿によって逆杉の名がつけられた。2株は東西に並び、根元でつながっている。西側の杉を雄木、東側の杉を雌木といい、古くより夫婦杉と称せられ、相生(あいおい)の杉として敬われている。
康平5年(1062)、八幡太郎義家が奥州征討に際し、この地に泊まり、戦勝祈願のために丘の上に祭壇を作り、しめ竹の代わりにスギ2本を植えたのが、この逆杉になったと言い伝えられている。また、源頼義・義家親子が、奥州の安部貞任(あべのさだとう)征伐に向かう途中、ここに立ち寄り食事をとったが、箸(はし)の代わりに用いた杉の小枝を地面に逆さにさしたものが大きくなったという言い伝えもある。

名称

逆杉(さかさすぎ)

指定年月日

昭和12年(1937)4月17日

員数

2本

指定別

国指定

区分

記念物

種別

天然記念物

所在地

中塩原11

所有者

塩原八幡宮

見学にあたって

逆杉は塩原八幡宮境内にあります。駐車場あり。

地図リンク

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?