注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 史跡 > 印南丈作翁屋敷跡

ここから本文です。

更新日:2012年3月14日

印南丈作翁屋敷跡

この地は、那須野ヶ原開拓の恩人である印南丈作の屋敷跡で、印南が永眠した所である。また明治中期から昭和初期にかけて33年間、西那須野村役場のあった所でもある。

印南が社長をつとめていた那須開墾社の本拠地は、明治19年(1886)3月に一本木農場事務所(那須塩原市一区町)から烏ヶ森の丘近くの烏森農場事務所(那須塩原市三区町)に移った。健康にすぐれなかった印南は佐久山(大田原市)の自宅からの通勤が困難なため、同年10月15日にこの地に移り住んだ。かつてあった建物は、明治19年に自宅を移築したもので、建坪44坪(約145.2平方メートル)の平屋建て、杉皮葺きであった。なお、屋敷跡の北西・南西側には、かつて高さ2m前後の土塁があった。これは、冬~春の季節風から住宅などを守るために築いた防風土手で、印南丈作時代に築いた可能性がある。

印南丈作翁屋敷跡(いんなみじょうさくおうやしきあと)

印南丈作翁屋敷跡(現在の様子)

解体前の印南丈作翁屋敷

解体前の印南丈作翁屋敷

名称

印南丈作翁屋敷跡(いんなみじょうさくおうやしきあと)

指定年月日

昭和39年(西暦1964年)10月1日

員数

1

指定別

市指定

種別

記念物

区分

史跡

所在地

三区町627

所有者

個人所有

見学にあたって

民有地なので、所有者の許可を得て見学してください。駐車場なし。

地図リンク

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?