注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 生涯学習・スポーツ > 文化財 > 文化財一覧 > 天然記念物 > 永田町の一本杉

ここから本文です。

更新日:2014年9月5日

永田町の一本杉

名称

永田町の一本杉

指定年月日

昭和39年(西暦1964年)10月1日

員数

1

指定別

市指定

種別

記念物

区分

天然記念物

所在地

永田町9

所有者

那須塩原市

地図リンク

永田町の一本杉

永田町の一本杉

この一本杉は、かつて原っぱの中に杉の木が1本だけあったので、こう名づけられた。この一帯は、江戸時代から明治10年代(1880年前後)にかけて、那須野ヶ原と呼ばれる広大な原野であった。江戸時代、この原野に目じるしとして何本かのスギの木が植えられたらしい。そのほとんどは野火で焼けたり伐られたりし、この1本だけとなった。

明治14年(1881)、この周辺は鹿児島県出身の大山巌(元帥・公爵)と、いとこの西郷従道(海軍大臣・侯爵、西郷隆盛の実弟)の経営になる加治屋開墾場(後の大山農場・西郷農場)となった。この2人は那須野ヶ原での狩猟を楽しみ、その際この木かげで弁当を広げたりしたという。昭和30年(1955)ごろ、近くの住民はこのスギを御神木とした一本杉稲荷神社をまつり、今日に至っている。この一本杉は西那須野駅前市街地のほぼ中央にあり、平成23年(2011)には周辺が整備された。

(注)目通り周囲2.65メートル、樹高約17メートル、推定樹齢約200年

お問い合わせ

所属課室:教育部生涯学習課文化振興係

電話番号:0287-37-5419

ファックス番号:0287-37-5479

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?