注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 上下水道 > 下水道 > 下水汚泥溶融スラグ仮置き保管のお知らせ

ここから本文です。

更新日:2019年1月18日

下水汚泥溶融スラグ仮置き保管のお知らせ

黒磯水処理センターなどから発生する汚泥は、宇都宮市にある栃木県下水道資源化工場で焼却・溶融スラグ化し、建設資材などに再利用していましたが、放射性物質の影響により再利用が制限されています。

黒磯水処理センターでは、平成24年3月1日から15日にかけて搬入した溶融スラグ400袋(約500トン)を敷地内の大型テント倉庫で仮置き保管を行っています。詳細は次のとおりです。

仮置き保管の詳細

保管場所

黒磯水処理センター敷地内保管用テント倉庫

那須塩原市鍋掛地内

種類

下水汚泥溶融スラグ

 

数量

当面約500トン

耐候性土のう詰め400袋

保管開始

平成24年3月1日から

 

敷地境界付近の放射線量は毎日測定し、測定結果を市や県のホームページで公表しています。
また、水処理センター入口及びとようら公民館内にも掲示しています。

関連情報リンク

お問い合わせ

所属課室:上下水道部下水道課 

電話番号:0287-37-5110

ファックス番号:0287-37-5115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?