注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 上下水道 > 下水道 > 下水道が整備されたら > 受益者負担金について

ここから本文です。

更新日:2012年8月16日

受益者負担金について

受益者負担金とは

下水道は、主に国からの補助金や税金などによって建設されていますが、道路や公園などだれでも利用できる施設とは違い、下水道を利用できるのは下水道が整備された地域の方に限られます。

下水道が整備されると、汚水の排除ができるだけでなく、周辺の生活環境も改善され、下水道のない地域に比べて土地の利用価値が上がることになります。そのため、下水道事業を公費(税金など)で全部まかなうことは、下水道を利用できない地域の方々にまで負担をかけることになります。

そこで下水道を「利用できる地域」と「利用できない地域」との不公平さを取り除くため、下水道が整備された区域の方々に、下水道建設費の一部を負担していただくことになります。これが受益者負担金制度です。

受益者とは

下水道が整備される区域内に土地を所有している人が受益者となります。ただし、その土地に地上権、質権、使用貸借、賃貸借などによる権利が定められている場合には、その土地の権利者が受益者となります。

建物がある土地についての受益者の例

Aさん居住、Aさんの家、Aさんの土地の場合、受益者はAさんになります Bさん居住、Aさんの家、Aさんの土地の場合、受益者はAさんになります

Bさん居住、Bさんの家、Aさんの土地の場合、受益者はBさんになります Cさん居住、Bさんの家、Aさんの土地の場合、受益者はBさんになります

「イラスト提供:株式会社日本水道新聞社」

受益者の申告

受益者負担金賦課対象区域が公告された地区内の土地の所有者には、あらかじめ「公共下水道事業受益者申告書」を送りますので、定められた期日までに申告していただきます。

なお、申告がないときは市長が認定した内容で賦課されますので必ず申告してください。

負担金の額

負担区の名称

1平方メートル当たりの単位負担金額

黒磯負担区

239円

西那須野負担区

300円

塩原温泉負担区

450円

箒根負担区

300円

支払い方法

負担金は、普通の税金と違い一度限りです。

  • 分割納付
    負担金を5年間(年4回)で20回に分割して納入します。
  • 一括納付
    負担金を一括納付する場合、納入期日前に納付した納期数に応じて報奨金を交付しますので、大変お得な方法です。
    【算出方法】
    報奨金=納期前に納付した負担金額×納期前に納付した納期数に応じた率(下表)
一括納付報奨金交付率表

 

初年度

第2年度

第3年度

第4年度

第5年度

納期前に納付した納期数

0

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

報奨金交付率(%)

0

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

負担金50,000円の場合の参考例(第1期の納付期限までに一括納付した場合)

前納

負担金額

納期前納付

報奨金

納付負担金額

納期

納期数

負担金

交付率

報奨金

1年分全額

10,000円

2~4期

3

7,500円

4%

300円

9,700円

2年分全額

20,000円

2~8期

7

17,500円

8%

1,400円

18,600円

3年分全額

30,000円

2~12期

11

27,500円

12%

3,300円

26,700円

4年分全額

40,000円

2~16期

15

37,500円

16%

6,000円

34,000円

5年分全額

50,000円

2~20期

19

47,500円

20%

9,500円

40,500円

  • 納付場所
    (納付書)

    足利銀行本・支店、栃木銀行本・支店、福島銀行本・支店、大田原信用金庫本・支店、白河信用金庫本・支店、那須信用組合本・支店、那須野農業協同組合本・支店、みずほ銀行本・支店、那須塩原市役所・各支所・出張所
    (口座振替)
    足利銀行、栃木銀行、福島銀行、大田原信用金庫、白河信用金庫、那須信用組合、那須野農業協同組合、ゆうちょ銀行
    口座振替を希望する方は、各金融機関または市下水道課で手続きが必要になります。

徴収猶予・減免について

土地の状況などにより、徴収猶予または減免が受けられます。いずれの場合でも受益者からの申請が必要です。

徴収猶予

  • 農地等(田、畑、山林、原野、雑種地等)の場合、その土地が宅地化されるまで
  • 災害や盗難その他事故等により納付が困難と認められるとき
  • 一般住宅用地で次の面積を超えたものについて、土地の利用形態が変わるまで など
    • 黒磯負担区:660平方メートル
    • 西那須野負担区:660平方メートル
    • 塩原温泉負担区:500平方メートル
    • 箒根負担区:750平方メートル

減免

  • 公共の用に供している土地(公用地)
  • 生活保護法による生活扶助を受けている場合
  • 自費にて下水道本管工事や公共汚水ます設置工事を行った場合など

関連FAQリンク

お問い合わせ

所属課室:上下水道部下水道課普及係

電話番号:0287-37-5110

ファックス番号:0287-37-5115

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?