注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 上下水道 > 下水道 > 下水道の使用について > 下水道使用料について

ここから本文です。

更新日:2020年5月13日

下水道使用料について

家庭や事業所などの汚水を公共下水道に流すようになると、使用者に対して下水道使用料がかかるようになります。
この下水道使用料は、家庭などで使った汚水をきれいな水にして放流するための「水処理センターの維持管理」や「下水道管の清掃や修繕」など下水道施設の維持管理にあてられます。

下水道使用料表

下水道使用料は、基本使用料に汚水排水量に応じた従量使用料を加え、消費税を加算し計算します。従量使用料は2か月の汚水排水量で計算します。(注)表の使用料は消費税抜のものです。

一般用

基本使用料 2,200円
従量使用料(1立方メートルにつき)
20立方メートルまで 35円
20立方メートルを超え40立方メートルまで 105円
40立方メートルを超え60立方メートルまで 113円
60立方メートルを超え100立方メートルまで 121円
100立方メートルを超え200立方メートルまで 127円
200立方メートルを超えるもの 133円

 

湯屋用

基本使用料
600立方メートルまで 30,000円
従量使用料(1立方メートルにつき)
600立方メートルを超えるもの 50円

汚水排水量の算定方法

  • 水道料金と併せて2か月に一度、検針・徴収を行います。
  • 井戸水利用の場合は、別途検針します。

1水道水のみを使用している場合

水道メーターを基に算定されます。

2地下水等のみを使用している場合(計測装置を設置した場合を除く)

世帯人数により次のように算定します。世帯人数は届け出をしてください。
2か月につき、世帯人数3人までは1人あたり14立方メートル、4人目からは1人あたり10立方メートルを加えた水量を使用水量とみなします。

3水道水と地下水等の両方を使用している場合

2の地下水等の使用水量の2分の1と水道水の使用水量を加算した量とします。

地下水等を使用していて、計量装置を設置していない場合の変更届について

上記2と3の世帯人数により算定する方法で、人数及び給水方法に変更があった場合には、速やかに届出が必要です。

届出をした翌月から変更が反映されます。

支払い方法

水道料金等(水道料金、下水道使用料及び農業集落排水処理施設使用料)のお支払いは、口座振替のほか市役所の水道担当窓口、金融機関、コンビニエンスストアがご利用いただけます。また、PayPayアプリを使ってお支払いもできます。

下水道使用料が改定になりました

平成30年10月検針の請求分から下水道使用料が改定になりました。(平成30年8月1日施行)

新使用料が旧使用料よりも増額になる場合は、軽減措置の対象になります。軽減が該当になる場合は、下水道使用料表から軽減額を差し引いた額が請求額となります。

各申請様式等のダウンロード

下水道の使用開始や休止・廃止する場合、水道水以外を使用している場合等、それぞれ届け出が必要です。

各手続きの際は、様式等に必要事項を記入し、速やかにお手続きをお願いします。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:上下水道部管理課料金経理係

電話番号:0287-37-8479

ファックス番号:0287-36-2298

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?