注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 上下水道 > 水道 > 計画・取り組み > 那須塩原市水道事業基本計画(水道事業ビジョン)について

ここから本文です。

更新日:2017年10月5日

那須塩原市水道事業基本計画(水道事業ビジョン)について

市では、平成19年度に策定した水道事業基本計画の期間満了に伴い、今後の水道事業経営の指針とするため、新たな水道事業基本計画(水道事業ビジョン)を策定しました。

策定の趣旨

市では、平成20年3月に「那須塩原市水道事業基本計画(地域水道ビジョン)」を策定し、平成20年度から平成28年度までの水道事業運営の指針を示しました。

この間、東日本大震災や関東・東北豪雨によって市の水道施設は甚大な被害を受け、「災害対策の強化」が課題として浮き彫りとなりました。

また、市の人口は他都市と同様に減少傾向にあり、これに伴う水道料金収入の減少が課題となっています。一方で、水道施設の老朽化も進んでおり、中長期の視点に立った効率的な施設の更新が求められています。

このような状況の下、地域水道ビジョンの計画期間満了を迎えるに当たり、将来を見据えた事業計画を立案し、より効率的な水道事業の運営を目指し、今後10年間(平成29年度から平成38年度まで)を計画期間とする「那須塩原市水道事業基本計画(水道事業ビジョン)」を策定しました。

計画の位置づけ

本計画は、市の総合計画の基本方針を基に、厚生労働省が策定した「新水道ビジョン」を踏まえて、「安全」、「強靭」及び「持続」の各分類における本市水道事業の課題について、体系的に整理し、具体的な施策を示すものです。

水道事業の目指すべき姿

今回の計画では、水道事業の目指すべき姿を「市民に信頼される水道」と定めました。

基本目標

「市民に信頼される水道」を実現するために、新水道ビジョンに定める「安全」、「強靭」及び「持続」の各分類における理想像と、9つの基本目標を次のように定めました。

  • 「安全」安全でおいしい水の供給
    1. 安全な水質の維持
    2. 給水装置に対する安全性の確保
  • 「強靭」災害に強い水道施設の構築
    1. 緊急時に備えた危機管理体制の再構築

    2. 水道施設の耐震性の確保
  • 「持続」適正な資産管理に基づいた、社会の変化に対応可能な水道事業経営の確立

    1. 水道施設資産の適正管理
    2. 施設規模の適正化
    3. お客様サービスの向上
    4. 効率的な事業経営
    5. 健全な経営

関連ファイル

関連リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:上下水道部水道課 

電話番号:0287-37-5145

ファックス番号:0287-36-2298

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?