注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > しごと・産業 > 林業 > 林地開発許可制度について

ここから本文です。

更新日:2019年9月18日

林地開発許可制度について

林地開発許可制度

1ヘクタールを超える森林の造成行為を行う場合には、森林法第10条の2の規定により、林地開発許可申請書を市に提出し、市の許可を受ける必要があります。また、造成行為が完了した時には、完了届出書を提出し、市の確認検査を受ける必要があります。

なお、1ヘクタール未満の森林を伐採する場合は、事前に伐採及び伐採後の造林の届出書を市に提出する必要があります。

対象となる森林

許可制度の対象となる森林は、県が定める地域森林計画の対象となる民有林です。地域森林計画対象民有林かどうかは、農林整備課林務係で確認できます。

森林法に基づく林地開発許可申請の手引き

技術的な基準や森林率・森林の配置などの基準については、森林法に基づく林地開発許可申請の手引きを参照してください。

林帯幅に関する基準について

20ヘクタール未満の林地開発における林帯幅に関する基準を設けました。適用日は、令和元年12月1日からとなります。

適用日までの取扱い及びすでに許可を受けている案件の取扱いは、農林整備課林務係までお問い合わせください。

林帯幅の基準
開発面積 周辺部に配置する森林
3ha未満 10メートル以上
3~5ha未満 14メートル以上
5~10ha未満 18メートル以上
10~15ha未満 24メートル以上
15~20ha未満 27メートル以上

無許可で林地開発をおこなった場合

無許可で開発行為や森林の伐採をおこなった場合、行政指導及び命令処分が課せられることがあります。

詳しいことは、農林整備課林務係までお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業観光部農林整備課林務係

電話番号:0287-62-7148

ファックス番号:0287-62-7223

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?