注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > しごと・産業 > 農業 > 人・農地プランについて

ここから本文です。

更新日:2020年1月8日

人・農地プランについて

 人・農地プランとは

 「人・農地プラン」とは、地域の農業者の話合いに基づき、今後の地域農業の在り方や地域の中心となる経営体の将来展望などを明確化したものであり、地域が一体となって人・農地の課題に取り組むためのプランです。

 

那須塩原市の人・農地プラン

 現在の本市のプランは、旧市町村単位である8地区に分けて策定しており、その策定した「人・農地プラン」は定期的に見直しを行うほか、地域の実情の変更に応じて随時見直しを行っています。

 ついては、農地中間管理事業の推進に関する法律(平成25年法律第101号)第26条第1項に基づく農業者等の協議が行われたので、同項の規定により下記のとおり公表します。

 

01 黒磯地区(PDF:99KB)

02 鍋掛地区(PDF:99KB)

03 東那須野地区(PDF:99KB)

04 高林地区(PDF:108KB)

05 西那須野地区(PDF:96KB)

06 狩野地区(PDF:99KB)

07 塩原地区(PDF:102KB)

08 箒根地区(PDF:108KB)

 

人・農地プランの実質化について

 「人・農地プランの実質化」とは、現在のプランの地区分けをより細かい単位(集落単位)に変更し、再度、その集落単位で地域の話し合いを実施し、「将来にわたって地域の農地を誰が担っていくのか」「誰に農地を集積集約していくのか」といった地域の農業・農地を守るための将来展望をさらに明確化することをいいます。

 本市では、下記「人・農地プランの実質化にむけた工程表」に基づき、地域の農業・農地を守るため、「人・農地プランの実質化」に取り組んでまいります。

 

人・農地プランの実質化に向けた工程表(PDF:143KB)

 

既に実質化されていると判断できる既存の人・農地プランについて

 人・農地プランの区域の全部又は一部のうち、対象地区内の過半の農地について、近い将来の農地の出し手と受け手が特定されている区域を「実質化された人・農地プラン」とみなすことができます。

 那須塩原市の既に実質化されていると判断できる既存の人・農地プランは、下記のとおりです。

 

既に実質化していると判断する地区一覧表(PDF:77KB)

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:産業観光部農務畜産課 

電話番号:0287-62-7032

ファックス番号:0287-62-7223

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?