注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 子育て・教育 > 子育て > 子ども・子育て総合センター > ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

ここから本文です。

更新日:2018年2月7日

ひとり親家庭高等学校卒業程度認定試験合格支援事業

ひとり親家庭の経済的自立や生活の安定を図るため、中学卒(高校中退を含む)の親・子の学び直しを支援することで、より良い条件での就職又は転職につながるよう、高等学校卒業程度認定試験合格支援を実施します。

本事業ではひとり親家庭の親が高卒認定試験合格のための講座(通信講座を含む)を受け、これを修了した時及び合格した時に受講費用の一部を支給します。

ただし、給付金の支給を受けるためには、事前相談が必要です。詳しくは問い合わせてください。

対象者

那須塩原市にお住まいの20歳未満のお子さんを養育するお母さん、お父さん又はその家庭の20歳未満のお子さんで、次の1から3の条件をすべて満たす方

  1. 児童扶養手当を受給しているか、又は同等の所得水準の方
  2. 適職に就くために必要であると認められる方
  3. 過去に高等学校卒業程度認定試験合格支援給付金を受けていない方

(注意)高校を卒業した方や大学入学資格検定・高等学校卒業程度認定試験合格者などすでに大学入学資格を取得している方などは対象外です。(詳しくはご相談ください)

支給対象講座

高等学校卒業程度認定試験の合格を目指す講座(通信制を含む。)とし、那須塩原市が適当と認めたもの。

ただし、高卒認定試験の試験科目の免除を受けるために高等学校に在籍して単位を修得する講座を受け、高等学校等就学支援金制度の支給対象となる場合は、対象外です。

給付金の内容

高等学校卒業程度認定試験合格講座(通信教育でも可)を受講された方

【受講修了時給付金】支払った受講料等の2割相当額(上限10万円)を支給します。

(注)受講料等が4千円以下の場合は支給されません。

講座終了から2年以内に認定試験に合格された方

【合格時給付金】支払った受講料等の4割相当額(「受講修了時給付金」との合計が15万円を上限とします)を支給します。)

手続の流れ

  1. 面談予約
    • 電話により面談の日時を決めます。
  2. 面談及び講座の指定
    • 受講を希望する理由、資格取得への意欲や能力、試験合格後の就学や就業の希望、家庭の状況や経済的な状況等を面談で伺います。
    • 面談後、受講開始前に市長から講座の指定を受けるための申請を行います。受講開始後の指定はできませんので、面談はお早めにお願いします。
  3. 支給申請の手続き
    • 受講修了時給付金は、受講修了した日から起算して30日以内に、合格時給付金は、合格証書に記載されている日付から起算して40日以内に支給申請をしてください。

関連情報リンク

高等学校卒業程度認定試験の案内(文部科学省HP)

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/shiken/(外部サイトへリンク)

 

お問い合わせ

所属課室:子ども未来部子育て支援課子ども・子育て総合センター

電話番号:0287-46-5537

ファックス番号:0287-37-5116

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?