注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 戸籍・証明 > 住民票 > 住民票・印鑑登録証明書・マイナンバーカード(通知カード)に旧姓(旧氏)が併記できます

ここから本文です。

更新日:2019年11月1日

住民票・印鑑登録証明書・マイナンバーカード(通知カード)に旧姓(旧氏)が併記できます

令和元年11月5日(火曜日)から住民票・印鑑登録証明書・マイナンバーカード(通知カード)に旧姓(旧氏)が併記できます。

記載された旧姓(旧氏)は、公的個人認証サービスの署名用電子証明書にも併記されます。

併記するためには、申請が必要になりますので、必要書類をご準備のうえ最寄りの窓口までお願いいたします。

旧姓(旧氏)の記載について

  • 住民票・印鑑登録証明書

     旧氏の欄に記載されます。

  • マイナンバーカード(通知カード)新規発行・再発行の方

    現在の姓(氏)の横に併記されて発行されます。

  • 現在有効なマイナンバーカードをお持ちの方

    追記欄に記載されます。

  • 通知カードをお持ちの方

    裏面の追記欄に記載されます。

必要書類

  • 申請書

旧氏記載請求書(エクセル:20KB)

旧氏変更請求書(エクセル:20KB)

旧氏削除請求書(エクセル:19KB)

  • 戸籍謄本等

   記載したい旧姓(旧氏)の記載されている戸籍謄本等から現在の姓(氏)が記載されている戸籍謄本等まで必要です。

  • マイナンバーカード(通知カード)
  • 委任状(法定代理人は不要)

委任状(PDF:169KB)

旧姓(旧氏)併記についてよくあるご質問

  • マイナンバーカードを持っていなくても旧姓を併記できますか。

   那須塩原市内に住所を有する方は可能です。その際に通知カードに併記することや、マイナンバーカードを新規に作る

   ことができます。

  • 旧姓としてはどのようなものを併記できますか。

   旧姓を初めて併記する場合は、本人の戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中から1つを選んで併記することが

   できます。

  • 結婚して氏が変わったのですが、既に住民票等に併記されている旧姓はどうなるのでしょうか。

    既に併記されている旧姓は、氏が変わった場合でも引き続き併記され続けますが、申請いただければ氏の変更直前に

    戸籍に記載されていた氏に変更可能です。

  • 旧姓を削除することはできますか。

   可能です。ただし旧姓を削除した場合には、削除後に氏が変更したときに限り、削除後に新たに

       生じた旧姓の中から1つを選んで併記することができます。

  • 住民票等の写しを取得するとき、登録した旧姓を表示しないようにできますか。

   表示しないようにすることはできません。

  • 旧姓はいくつまで併記できますか。

    1人につき1つだけ併記できます。

関連リンク

   住民票・マイナンバーカード等への旧氏の併記について(総務省ホームページ)(外部サイトへリンク)

   旧氏併記に関するリーフレット(表面)(総務省ホームページ)(外部サイトへリンク)

   旧氏併記に関するリーフレット(裏面)(総務省ホームページ)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部市民課 

電話番号:0287-62-7132

ファックス番号:0287-62-7222

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?