注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 健康・福祉 > 新型コロナウイルス関連情報 > 新型コロナウイルス感染症について

ここから本文です。

更新日:2020年8月7日

新型コロナウイルス感染症について

もうすぐお盆休みです。多くの人が帰省をお考えになっているかと思います。お盆休みに帰省した場合、高齢者と接する機会や飲酒・飲食の機会も多くなることが考えられます。したがって、新型コロナウイルス感染が広がっている現状では、帰省する場合には、「基本的感染防止策(手指消毒やマスク着用、大声を避ける、十分な換気など)」の徹底や三密を極力避けるとともに、特に大人数の会食など感染のリスクが高い状況を控えるなど、高齢者等への感染につながらないよう注意をお願いします。

そうした対応が難しいと判断される場合には、感染が収まるまで当分の間、オンライン帰省を含め慎重に考慮していただきたいと思います。また、そもそも、発熱等の症状がある方は、帰省は控えてください。感染リスクが高い場所に最近行った方は、慎重に判断してください。

新型コロナウイルス感染症対策について

栃木県の警戒度モニタリング状況

栃木県では、新規感染者数が「特定警戒」のレベルにあり、この1か月で5つのクラスターが発生したほか、感染経路不明者も増加していることに加え、病床稼働率も増加傾向であることから、警戒レベルを「感染観察」から「感染拡大注意」に引き上げられました。

これまで発生したクラスターでは、マスク未着用や不十分な換気などが感染拡大の要因と考えられることから、改めて、マスクの着用、十分な換気、3密の回避、ソーシャルディスタンスの確保、こまめな手洗いなど、基本的な感染防止対策を徹底するとともに、感染防止対策が十分でない場所への外出や体調不良時の外出を控えるなど、皆様のご協力をお願いします。

警戒レベルが引き上げられました(PDF:536KB)

 

栃木県「新型コロナ感染防止対策取組宣言」運動

 取組宣言について

 

北那須モデル

再度感染が拡大した場合の対応について、那須塩原市、大田原市及び那須町の北那須3市町独自の非常事態宣言等の判断の目安として「北那須モデル」を設定しました。今後、感染の拡大が認められる場合には、目安に沿った対応を行います。

「北那須モデル」(PDF:520KB)

 

市の取組

市では、新型コロナウイルス感染症対策として次のような取組を実施しています。

引き続き、市民の皆様や関係者の皆様に御協力いただき、感染拡大防止に努めてまいります。

市の対策・取組等の状況(PDF:480KB)

市有施設の開館状況等一覧(PDF:296KB)

 

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)をご活用ください!

厚生労働省が開発した「新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact Confirming Application)」がリリースされました。
このアプリは、利用者が新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性がある場合に通知を受けることができるものであり、感染の可能性をいち早く知ることができます。それにより検査の受診など保健所のサポートを早く受けることや外出自粛など適切な行動を取ることができ、感染拡大の防止につながることが期待されます。
なお、個人が特定される情報や、陽性者と接触者(接触の可能性があると通知を受けた者)との関係についての情報は一切記録されず、プライバシーは十分に保護されています。
このアプリは、利用者が増えることで感染防止の効果が高くなることが期待されますので、ぜひご活用くださいますようお願いします。

新型コロナウイルス接触確認アプリについて(インストールはこちらから)(外部サイトへリンク)

 

人との接触を8割減らす、10のポイント

緊急事態宣言の中、今後の流行をおさえるためには、すべての方が「人との接触を8割減らす」ことが重要です。

不要不急の外出を控えるなど、感染拡大防止に積極的にご協力いただいているところですが、10のポイントで更なるご協力をよろしくお願いします。

人との接触を8割減らす、10のポイント(PDF:939KB)

 

新しい生活様式を定着させましょう!

感染拡大を防止するため、新しい生活様式が求められています。次の実践例を参考に、日々の生活に「新しい生活様式」を取り入れていきましょう。

新しい生活様式の実践例(PDF:186KB)

 

市民の皆様も、こまめな手洗い咳エチケットなど、感染予防に努めていただきますようお願いします。

マスクやアルコール消毒液が手に入りにくい状況ですが、石けんでこまめに手洗いをするだけでも十分な感染予防になります。

また、咳エチケットも、飛沫感染の防止には非常に有効です。

1人1人が感染拡大防止の意識を持つことが最も重要です!

正しい手の洗い方(PDF:729KB)

 

熱中症にご注意ください!

高齢者、子ども、障害者の方々は、熱中症になりやすいので、十分に注意しましょう。

3密を避けつつ、周囲の方からも積極的な声かけをお願いします。

熱中症予防チラシ(表)(PDF:1,053KB)

熱中症予防チラシ(裏)(PDF:784KB)

 

次亜塩素酸水を使用する際の注意事項について

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価を公表したことを受け、厚生労働省、経済産業省及び消費者庁が合同で消毒方法に関する周知を行っています。

これを受けて市の施設では、次亜塩素酸水は手指消毒には使用せず、物の消毒にのみ使用することとしています。

なお、現在も消毒用エタノール(アルコール)の入手が困難な状況であるため、各施設において消毒用エタノール(アルコール)の在庫が切れてしまう場合もありますので、施設利用の際は「ハンドソープや石けんによる手洗い」にご協力くださいますようお願いします。

次亜塩素酸水を使用する際の注意事項(PDF:1,205KB)

消毒・除菌方法一覧(PDF:426KB)

消毒方法の選び方(PDF:210KB)

 

新型コロナウイルス感染症に関する相談

電話相談窓口

栃木県新型コロナウイルスコールセンター

新型コロナウイルス感染症に関する相談、感染の予防に関すること、発熱などの症状が出たときの対応などの相談窓口です。

電話:0570-052-092 対応時間:24時間(土日、祝日を含む)

栃木県県北健康福祉センター

電話:0287-22-2679 対応時間:平日午前8時30分から午後8時まで

新型コロナウイルス施設・生活相談センター

・栃木県緊急事態措置の内容に関する相談

・新しい生活様式及び施設に応じた感染防止対策に関する相談

・各種相談窓口の案内(労働、経営、生活困窮など)

電話:028-623-2826 対応時間:平日午前9時から午後5時まで

相談・受診の前に心がけていただきたいこと

・発熱等の風邪症状が見られるときは、学校や会社を休み、外出を控える。

・発熱等の風邪症状が見られたら、毎日、体温を測定して記録しておく。

・基礎疾患(持病)をお持ちの方で症状に変化がある方、新型コロナウイルス感染症以外の病気が心配な方は、かかりつけ医に電話でご相談ください。

新型コロナウイルスの感染が疑われる場合

強いだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)、高熱などの強い症状がある場合や、重症化しやすい方(高齢者、糖尿病・心不全・呼吸器疾患などの基礎疾患がある方、透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを使用している方)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合などは、すぐに栃木県県北健康福祉センターにご相談ください。

栃木県県北健康福祉センター

電話:0287-22-2679

※平日午前8時30分から午後8時まで

※上記の時間外については、留守番電話で案内される専用電話番号におかけください。

医療機関にかかるときのお願い

・複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することは控えてください。

・医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケットの徹底をお願いします。

新型コロナウイルスに関する一般的な相談

厚生労働省電話相談窓口(コールセンター)

電話:0120-565653(フリーダイヤル)

受付時間:9時00分から21時00分まで

※聴覚障害者など電話での相談が難しい方のため、ファクス(03-3595-2756)でも受付しています。

とちぎ外国人相談サポートセンター(日本語以外で相談を希望する場合)

電話:028-627-3399

受付時間:毎週火曜日から土曜日の午前9から午後4時まで

人権への配慮について

新型コロナウイルスに感染された患者、そのご家族、職場の同僚に対する誹謗中傷、差別が後を絶ちません。

新型コロナウイルスには、誰にでも感染する可能性があります。

勇気をもって通報を公表してくれたおかげで、感染拡大を防ぐことができたケースもあります。しかし、このような誹謗中傷を受けては、誰も情報を公表しなくなってしまいます。

このような観点からも、誹謗中傷や差別は絶対にしないようお願いいたします。

なお、誹謗中傷や差別などに関するご相談につきましては、新型コロナウイルス感染症対策室(電話:0287-62-7197)までお願いいたします。

人権に関する市長メッセージ

市長メッセージ(PDF:117KB)

人権に関する電話相談窓口

みんなの人権110番(様々な人権問題に関する相談)

電話:0570-003-110

シトラスリボンプロジェクトINとちぎ

コロナ禍で生まれた差別や偏見を防ぐ活動が栃木県内でも広がっています。

詳しい活動内容等は、次のウェブサイトをご確認ください。

シトラスリボンプロジェクト from ehime(外部サイトへリンク)

妊娠中の方へ

新型コロナウイルスに関する相談

妊婦の方で、風邪の症状や37.5度以上の発熱が2日程度続く場合、あるいは強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合には、早めに帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

電話:0287-22-2679(栃木県県北健康福祉センター)

受付時間:8時30分から17時15分

※上記時間以外は、栃木県新型コロナウイルスコールセンターにお問い合わせください。

電話:0570-052-092

受付時間:24時間(土日、祝日を含む)

~妊娠中の方々へ~改訂版(PDF:531KB)

 

母性健康管理指導事項連絡カードの活用について

・働きながら適切に妊娠中の健康管理ができるよう、主治医や助産師から指導を受け、それを事業主に申し出ることで必要な措置を講じることができます。

・新型コロナウイルス感染症の拡大感染を受け、新たな措置が規定されました。主治医から指導があった場合、指導事項を的確に伝えるため、母性健康管理指導事項連絡カードを書いてもらい、事業主に提出しましょう。(新たな措置は、対象期間が令和2年5月7日~令和3年1月31日となります。)

働く妊婦・事業主のみなさまへ(PDF:367KB)

市主催のイベントの中止・延期や市有施設の利用制限について

那須塩原市では、社会・経済機能への影響を最小限とするとともに、感染拡大防止の効果を最大限とするため、市主催のイベント等の中止・延期や、市有施設の利用制限などを実施しています。

市民の皆様にはご不便をおかけいたしますが、市内での感染拡大を防止するため、ご理解とご協力をお願いいたします。

クラスター(集団)の発生を防止しましょう(PDF:423KB)

関連リンク

厚生労働省ホームページ(新型コロナウイルス感染症について)(外部サイトへリンク)

国立感染症研究所ホームページ(新型コロナウイルス関連情報について)(外部サイトへリンク)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部新型コロナウイルス感染症対策室  

電話番号:0287-62-7197

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?