注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > よくある質問 > 国民年金 > 保険料を納めることが難しいときは?

ここから本文です。

更新日:2018年2月8日

保険料を納めることが難しいときは?

A 回答

申請免除・納付猶予制度、学生納付特例制度があります。

どちらも、申請日の2年1ヵ月前の分から申請ができます。

申請免除・納付猶予については、本人・配偶者・世帯主などの前年の所得にもとづいて全額免除、部分免除、納付猶予に該当するか審査されます。

学生納付特例制度については、本人の前年の所得にもとづいて該当するか審査されます。

学生の人で納付が難しい場合は、原則として学生納付特例を優先して申請するようになりますのでご注意ください。

また、失業などにより国民年金保険料を納めることが難しいときは、前年の所得をゼロとみなして審査される特例がありますので、必要書類等も含めて詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部国保年金課国保年金係

電話番号:0287-62-7129

ファックス番号:0287-63-8911

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?