注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 保険料

ここから本文です。

更新日:2019年5月10日

保険料

1.定額保険料

 

平成29年4月から平成30年3月 月額16,490円
平成30年4月から平成31年3月 月額16,340円

平成31年4月から令和2年3月

月額16,410円

※第1号被保険者の保険料は、個人の年齢や収入に関係なく全国一律です。

 

2.付加保険料

月額400円

将来受け取る年金額を増やしたい場合、第1号被保険者と任意加入被保険者の方は、希望すれば定額の保険料に月額400円の付加保険料を増額して納めることができます。

なお、付加保険料を納めた方は、将来老齢年金を受け取るときに「付加保険料を納めた月数×200円」で計算された額が老齢基礎年金(年額)に加算されて支給されます。

保険料の納付期限

毎月の保険料は、翌月の末日が納付期限になっています(例:4月分の保険料は翌月5月31日まで)。

なお、今までに納めていない保険料については、2年を過ぎると時効により納めることができなくなりますので、ご注意ください。

保険料の納付方法

第1号被保険者の方に対しては、日本年金機構から納付書が送付されますので、金融機関やコンビニエンスストアで納めてください。(納付書の裏面に使用できる金融機関及びコンビニエンスストアの一覧があります)

なお保険料の納付には、便利な口座振替も利用できます。納め忘れが無く確実で、毎月保険料を納めに行く手間が省けます。口座振替をご希望の方は、年金手帳または最新の国民年金保険料の納付書、預貯金通帳、通帳届出印を持参して、金融機関・郵便局・年金事務所の窓口でお申し込みください。

市役所では、保険料の納付はできませんのでご注意ください。

なお、第2号被保険者の方の保険料は、給与から自動的に引かれ、第3号被保険者の方の保険料は、配偶者の加入する厚生年金や共済組合が制度全体として負担する仕組みになっていますので、ご自分で納める必要はありません。

納付書や領収書をなくしてしまったら

年金事務所に連絡をしてください。

大田原年金事務所
電話:0287-22-6311

関連情報リンク

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部国保年金課国保年金係

電話番号:0287-62-7129

ファックス番号:0287-63-8911

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?