注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 健康・福祉 > 福祉 > 地域共生社会の実現に向けて

ここから本文です。

更新日:2019年12月19日

地域共生社会の実現に向けて

となり近所には誰がいて、どこに勤めていて、どこの学校に行っていて…。

昭和の頃までは、自然と顔の見える関係があり、地域や家族同士で助け合って暮らしていました。

今は隣近所の関係性も薄れ、さらに少子高齢化により、地域や家庭の支え合う力が弱まっていると言われています。

しかし、人は決して一人では生きられず、互いに助け合いながら人生を歩んでいきます。

その道中では、病気を患ってしまったり、失業して生活に困ったり、また、被災してしまうこともあるかもしれません。

そのような困難に直面しても、地域で孤立せずにその人らしく生活できる「地域共生社会」の実現を目指していきます。

 

 

地域の取組事例集

「地域共生社会」とは、地域の人や団体・企業が世代や分野を越えてつながることで、一人一人の暮らしと生きがいが尊重され、そして地域をみんなで一緒につくる社会のこと。

そのような社会を目指すため、市内でもいろいろな取り組みが始まっています。

「地域の絆を強くしたい」「お互いの理解を深めたい」。

そんな地域共生の取り組みを徐々に紹介していきます。

 

宮町自治会助け合いの会(PDF:484KB)

 

地域共生社会シンポジウム

誰もが地域で安心して暮らせる社会、いわゆる地域共生社会の実現には、行政だけではなく、市民一人ひとりが主役となり取り組んでいくことが必要です。

栃木市の事例やパネルディスカッションを通して、それぞれの立場でどのように取り組めば良いのか、最初の一歩の踏み出し方をともに学びます。

 

■那須塩原市地域共生社会シンポジウム

日時:令和2年2月8日金曜日午後1時30分開演(午後1時開場)

場所:三島ホール(那須塩原市東三島6丁目337)

那須塩原市地域共生社会シンポジウムチラシ(PDF:185KB)

 


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:保健福祉部社会福祉課地域共生係

電話番号:0287-62-7031

ファックス番号:0287-63-8911

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?