注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 住まい・くらし > 消費生活 > 製品事故、リコールなどの情報をお知らせします > 暖房器具での子どものやけどに注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2016年11月29日

暖房器具での子どものやけどに注意しましょう!

冬に多い、やけどの事故

消費者庁には、暖房器具による6歳以下の子どもの事故情報がこれまでに357件寄せられており、その7割がやけどの事故です。

中でも、ストーブやヒーターによるものが特に多くなっています。

事故の中には、祖父母宅などで発生したものもありました。

自宅で普段使っていない製品は、保護者にとって危険性が認識しづらく、また、好奇心旺盛な子どもが触りたがることも考えられます。

お正月の帰省等で自宅以外に滞在する時には、特に注意しましょう。

事例1

石油ストーブにつかまり立ちをしてしまった。(0歳)

事例2

イスから降りる際に、そばにあったストーブに手をついてしまった。(3歳)

事例3

ストーブのやかんをひっくり返してしまった。(3歳)

事例4

まだ寝返りができない子どもが、背ばいしてヒーターに近づいてしまった。ヒーターは止まっていたが、人感センサーが子どもの動きを感知して運転をはじめ、子どもがやけどを負った。(0歳)

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境部生活課くらし安全安心係

電話番号:0287-62-7126

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?