注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 住まい・くらし > 消費生活 > 高齢者の誤飲・誤食事故に注意しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年10月7日

高齢者の誤飲・誤食事故に注意しましょう!

 消費者庁には、65歳以上の高齢者の誤飲・誤食の事故情報がこれまでに318件寄せられており、医薬品の包装シート、義歯・詰め物、洗剤や漂白剤などを誤飲・誤食したという事故が多くありました。

 高齢者が食品や医薬品以外のものを間違えて口にする事故は、ご自身では気付かない場合が多く、家族や介護者など周囲の人が以下の点に気を配ることが大切です。

  • 医薬品の包装シートは1錠ずつに切り離さないようにしましょう。
  • 定期的に歯科を受診し、義歯を良好な状態に保つとともに、食後に義歯を確認しましょう。
  • 食器の中に洗剤や漂白剤を入れて放置しないようにしましょう。
  • 食品や飲料とそれ以外のものは別の場所で保管しましょう。
  • 食品の容器に食品以外のものを移し替えないようにしましょう。
  • 誤飲・誤食すると危険なものは、認知症の方の手の届かないところに保管しましょう。

  詳しくは、消費者庁ホームページをご覧ください。

 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生活環境部生活課くらし安全安心係

電話番号:0287-62-7126

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?