注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 住まい・くらし > 消費生活 > 製品事故、リコールなどの情報をお知らせします > 炊飯器や電気ケトル等による乳幼児のやけどを防ぎましょう

ここから本文です。

更新日:2017年12月27日

炊飯器や電気ケトル等による乳幼児のやけどを防ぎましょう

 消費者庁には、医療機関から子ども(0歳~14歳)の炊飯器や電気ケトル等によるやけどの事故情報が寄せられています。

 その中で、入院を要したり、生命に危険が及ぶ可能性のあるような重いやけどについての年齢別の割合を見ると、2歳以下の乳幼児が高くなっています。

 炊飯器や電気ケトル等による、乳幼児を中心とした子どものやけどの事故を防ぐため、以下のことに注意しましょう。

  1. 高温の蒸気や転倒して熱湯に触れるおそれのある、炊飯器や電気ケトル等の製品は、乳幼児の行動範囲で使用しないようにしましょう
  2. これらの製品を使用する場所に乳幼児が立ち入らないよう、ベビーゲートを置くなど安全対策を実施しましょう
  3. 電気ケトル等は、乳幼児の力でも転倒するおそれがあります。容器内には熱湯は入っていることを忘れずに注意しましょう
  4. 蒸気が出ない、炊飯中にふたが開かない等の機能のある炊飯器が販売されています。また、Sマーク(安全基準を満たしていることを示すマーク)が付いている電気ケトルや電気ポットは、転倒時に湯こぼれしにくい構造となっています。事故を未然に防ぐために、これらの安全に配慮された製品を選ぶようにしましょう

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生活環境部生活課くらし安全安心係

電話番号:0287-62-7126

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?