注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 住まい・くらし > 消費生活 > 製品事故、リコールなどの情報をお知らせします > 小さいおもちゃの誤嚥(ごえん)・窒息事故を防ぎましょう

ここから本文です。

更新日:2017年12月15日

小さいおもちゃの誤嚥(ごえん)・窒息事故を防ぎましょう

 子どもは、口腔(こうくう)とのどが近いことから、口の中に入れたおもちゃがのどに入りやすく、また飲み込む力や吐き出す力が十分でないため、のどに詰まったおもちゃを吐き出すことができず、誤嚥や窒息を起こす場合もあります。

 また、子どもには「何でも口の中に入れる」という行動特性があるため、以下の点にご注意ください。

  1. 特に直径や対角線長が6~20mmの大きさのおもちゃは、子どもが口に入れると窒息の恐れがあります。乳幼児が小さいおもちゃや小さい部品などを口に入れないように注意を徹底しましょう
  2. 小さいおもちゃなどは子どもの手の届かない所に保管しましょう
  3. 対象年齢に満たないおもちゃの購入・使用を控えましょう。兄弟がいる家庭では年上の子どものおもちゃが年下の子どもの対象年齢を満たさない場合には、年下の子どもには使用させないように注意しましょう
  4. 離乳食・ミルクを与える前には、おもちゃなどの異物が口腔内にないことを確認しましょう

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生活環境部生活課くらし安全安心係

電話番号:0287-62-7126

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?