注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > まちづくり > 道路・交通 > 交通安全 > 「夏の交通事故防止市民総ぐるみ運動」を実施します

ここから本文です。

更新日:2020年6月22日

「夏の交通事故防止市民総ぐるみ運動」を実施します

那須塩原市では、7月1日(水曜日)から7月10日(金曜日)までの10日間、夏の交通事故防止市民総ぐるみ運動を実施します。

本市における令和2年の交通事故発生状況は、5月末現在で発生件数64件(前年比51件減少)、死者数1人(前年比4人減少)、負傷者数79人(前年比73人減少)となっており、新型コロナウイルスによる外出自粛の影響から交通事故は全体的に減少していますが、外出自粛要請の解除に伴い交通量が平常時並みに戻ってきているため、今まで以上に注意が必要です。

本運動は子どもと高齢者の交通事故防止を基本としています。この季節は、暑さや日照時間が伸びたことにより開放的な気分になりがちですが、運転中はマナーを守り、歩行者を見かけたら、減速・徐行・一時停止をするなど、「思いやりのある運転」を心がけましょう。

期間

令和2年7月1日(水曜日)から7月10日(金曜日)までの10日間

運動の基本

子どもと高齢者の交通事故防止

運動の重点事項

子どもと高齢者の安全な通行の確保と高齢運転者の交通事故防止

子どもや高齢者を守るため、3S(スリーエス)運動を実践しましょう。

SEE子どもや高齢者をいち早く発見する、子どもや高齢者の動きをよく見る

SLOW子どもや高齢者を見たら減速する

STOP危険を感じたらすぐに停止する

 

 

前照灯の早め点灯と原則ハイビームの徹底

前照灯を早め(日没30分前)に点灯し、夜間の走行中は市街地や対向車がある場合を除き

原則上向き走行を徹底しましょう。

また歩行者は反射材を着用し、自分の存在を運転手にアピールし事故を防ぎましょう。

 

 

 

 

飲酒運転の根絶

夏は開放的な気分になり、お酒を飲む機会が多くなりますが、飲酒をしたら絶対に運転をしないようにしましょう。

すべてのシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底

シートベルトやチャイルドシートは衝突時の衝撃を軽減します。
チャイルドシートは正しく着用しましょう。
後部座席もシートベルトを着用しましょう。

自転車安全利用の推進

自転車安全利用五則を守りましょう。
【自転車安全利用五則】

  1. 自転車は車道が原則、歩道は例外
  2. 車道は左側通行
  3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
  4. 安全ルールを守る
  5. 子どもはヘルメットを着用

お問い合わせ

所属課室:市民生活部生活課交通対策係

電話番号:0287-62-7127

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?