注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 住まい・くらし > 消費生活 > 特殊詐欺・悪徳商法にご注意ください! > アナログ回線に戻す契約のはずがサポート契約に

ここから本文です。

更新日:2021年7月21日

アナログ回線に戻す契約のはずがサポート契約に

大手会社を名乗る電話勧誘やショートメール、セールの広告を見て申し込み、実は大手会社ではなかったという被害が増えています。宅配業者や家電、光回線など多種多様なものから被害が確認されています。事例によっては高額請求や定期購入、代金を支払ったが商品が来ないなどの被害にあうこともあります。今回は、大手通信会社からの電話勧誘についての事例を紹介します。

sinsenanarogu

内容

大手通信会社のサポートセンターを名乗る事業者から「電話を光回線からアナログ回線に戻さないか」と電話があった。今は誰もインターネットを使っていないので、ちょうどいいと思い契約した。しかしその後、毎月サポート料金として約3千円引き落とされていることが分かり、確認すると1年縛りでサポート契約をしているとのことだった。解約を申し出ると、今解約するとキャンセル料が発生すると言われた。(70歳代 女性)

ひとことアドバイス

  • 大手通信会社の名前を出していても、実際は関係のない事業者が勧誘をしているケースがあります。勧誘を受けた事業者名をしっかり確認しましょう。
  • 知らないうちに、回線の切り替えには必要のないサービスの契約を結んでいるケースもあります。勧誘を受けた際は、費用やサービス内容、解約条件などをよく確認し、必要ないと思ったらきっぱり断りましょう。
  • 光回線をアナログ回線に戻す場合には、現在の契約先や回線事業者に問い合わせましょう。
  • 困ったときは、すぐに消費生活センター等にご相談ください(消費者ホットライン188)。

那須塩原市消費生活センター(0287-63-7900)

お問い合わせ

所属課室:市民生活部生活課くらし安全安心係

電話番号:0287-62-7126

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?