注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > ごみ・リサイクル > 事業ごみ > 事業系廃棄物(事業系ごみ)は適正に処理しましょう!

ここから本文です。

更新日:2019年3月29日

事業系廃棄物(事業系ごみ)は適正に処理しましょう!

那須塩原クリーンセンターに搬入される事業系ごみは、年々増加傾向にあります。事業系ごみ(可燃ごみ)の内容調査を実施したところ、資源化できるものや産業廃棄物と思われるものが混入していました。事業者は、廃棄物を適正に処理する義務があります。適正に処理しましょう。

事業者の責務

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第3条第1項で、

事業者は、その事業活動に伴って生じた廃棄物は、自らの責任において適正に処理しなければならないとされています。

事業系廃棄物とは?

事業系廃棄物とは、事務所や店舗などから事業活動に伴って排出されるごみをいいます。事業系廃棄物には、一般廃棄物になるものと産業廃棄物になるものがあります。那須塩原クリーンセンターで処理できるごみは一般廃棄物だけになります。

事業系一般廃棄物の例

  • 飲食店から出る生ごみ
  • 店舗等から出る、紙くず、生ごみなど
  • 事務所等から出る茶殻、ティッシュペーパー、紙くずなど

(注)発泡スチロール、包装ビニール、農業用ビニールなどは、廃プラスチック類となり、産業廃棄物となります。なお、紙くず、木くず、繊維くずなどは特定の事業活動によっては産業廃棄物となります。

(注)事業系廃棄物は、市の指定ごみ袋で出すことはできません。もちろんですが、ごみステーションを利用することもできません。

事業系廃棄物処理の手引を利用しましょう!

那須塩原クリーンセンターにおいて、事業系廃棄物(可燃ごみ)の内容調査を実施したところ、資源化できるごみや産業廃棄物と思われるものが混入していました。この結果から分析できることとして

  • 資源化できるものが何か分からない
  • 一般廃棄物なのか産業廃棄物なのか区別する方法が分からない

ということが考えられました。

そこで、事業者の皆さんに理解してもらうため、この度、「事業系廃棄物処理の手引」を作成しました。那須塩原市の事業系廃棄物の現状と分別方法を盛り込みましたので、ご活用ください。

平成28年8月に改訂しました。

事業系廃棄物処理の手引

事業系廃棄物処理の手引

事業系一般廃棄物の処理方法

事業者が那須塩原クリーンセンターへ自ら搬入する

ごみ処理手数料は10kg当たり150円となります。

(注)搬入したごみの量が10kg未満でも150円となります。

(注)資源物は、ごみ処理手数料は無料です。

許可業者に収集運搬を委託する

詳しくは、直接業者にお問い合わせください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:生活環境部廃棄物対策課一般廃棄物対策係

電話番号:0287-62-7301

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?