注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 住まい・くらし > ペット > ペット動物の災害対策

ここから本文です。

更新日:2018年11月22日

ペット動物の災害対策

ペットのための避難用品の用意

ペット用避難用品の画像

ライフラインの寸断、緊急避難などに備え、必要な物資の備蓄をしましょう。避難所では、人に対する準備はされていますが、ペットに対する備えは基本的に飼い主の責任になります。

避難所においては、様々な人が生活するため、居住部分へのペットの持ち込みは原則禁止としています。他の人の迷惑にならないように、むやみに吠えない、キャリーバッグやケージに慣らしておく、他人に友好的に接することができるなどのしつけを普段からしておきましょう。

避難の際の持ち出し品には優先順位をつけ、優先度の高いものはすぐに持ち出せるようにしましょう。

参考例

【優先順位1】・・・・・動物の健康や命に係わるもの

  • 療法食、薬
  • ペットフード、水(少なくとも5日分[できれば7日分以上])
  • キャリーバッグやケージ(猫や小動物には避難時に欠かせないアイテム)
  • 予備の首輪、リード(伸びないもの)
  • ペットシーツ
  • 排泄物の処理道具
  • トイレ用品(猫の場合は使い慣れた猫砂、または使用済猫砂の一部)
  • 食器

【優先順位2】・・・・・情報

  • 飼い主の連絡先と、ペットに関した飼い主以外の緊急連絡先・預け先などの情報
  • ペットの写真(印刷物とともに携帯電話などに画像を保存することも有効)
  • ワクチンの接種状況、既往症、投薬中の薬情報、検査結果、健康状態、かかりつけの動物病院などの情報

【優先順位3】・・・・・ペット用品

  • タオル、ブラシ
  • ウェットタオルや清浄綿(目や耳の掃除など多用途に利用可能)
  • ビニール袋(排泄物の処理など多用途に利用可能)
  • お気に入りのおもちゃなど匂いがついた用品
  • 洗濯ネット(猫の場合は屋外診療・保護の際に有用)など
  • ガムテープやマジック(ケージの補修、段ボールを用いたハウス作り、動物情報の掲示、など多用途に使用可能)

ペット動物の災害対策に対する詳細は下記の環境省ホームページをご覧ください

 

お問い合わせ

所属課室:生活環境部環境課環境衛生係

電話番号:0287-62-7142

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?