注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > まちづくり > 環境 > 公害対策 > PM2.5について

ここから本文です。

更新日:2019年4月15日

PM2.5について

PM2.5とは

PM2.5(微小粒子状物質)とは、大気中にある粒子状物質のうち、直径2.5マイクロメートル(1マイクロメートルは0.001ミリメートル)以下の微粒子のことです。粒径が非常に小さいため(髪の毛の太さの1/30程度)、人間の肺の奥まで入りやすく、人の健康へ影響を及ぼすことが懸念されています。

自動車や工場等の排出ガス、喫煙や黄砂などが、PM2.5の発生源となります。

監視体制

栃木県では、県内14か所に測定地点を設け、24時間連続で測定し、「とちぎの青空」よりリアルタイムで公表しています。

(注)那須塩原市内では、平成26年8月より、那須塩原市黒磯保健センター(那須塩原市黒磯幸町8-10)に測定器が設置されています。

注意喚起情報

栃木県では、PM2.5の1日の平均濃度が、70マイクログラム/立方メートルを超えると予想される場合は、注意喚起情報をお知らせしています。

PM2.5注意喚起メールの受信を希望される方は、栃木県ホームページより利用者登録をしてください。

関連情報リンク

お問い合わせ

所属課室:生活環境部環境課公害対策係

電話番号:0287-62-7141

ファックス番号:0287-62-7202

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?