注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 税金 > 市民税(個人市民税) > 新型コロナウイルス感染症の影響による個人市民税・県民税の減免について

ここから本文です。

更新日:2020年7月15日

新型コロナウイルス感染症の影響による個人市民税・県民税の減免について

新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少し、令和2年度の個人市民税・県民税(住民税)の納付が困難となる場合は、減免申請を受付いたします。

対象者

令和元年(2019年1月~12月)の所得(退職、山林、譲渡所得その他の一時所得を除く。)と令和2年(2020年1月~12月)の所得見込を比較し、著しく減少している方で市長において必要があると認めるもの。

注意:就労関係(失業、廃業、退職、事業の不振等)については、令和元年(2019年1月~12月)の所得が400万円以下の方が対象となります。

注意:生活保護を受けることになった方や災害等の被害を受けた方等については、条件や必要書類が異なりますのでページ下部のリンク先を参照してください。

減免割合

減免割合は、令和元年(2019年1月~12月)の所得に対する令和2年(2020年1月~12月)の所得見込を比較し、その減少の程度で算出します。

令和元年の所得が200万円以下の場合

令和元年の所得と令和2年の所得見込を比較し、

  • 100%減少する(見込が0円である):「全額を免除」
  • 70%以上100%未満の間で減少する:「70%を軽減」
  • 50%以上70%未満の間で減少する:「50%を軽減」
  • 30%以上50%未満の間で減少する:「30%を軽減」
  • 減少の程度が30%未満:軽減なし

令和元年の所得が200万円を超え300万円以下の場合

令和元年の所得と令和2年の所得見込を比較し、

  • 100%減少する(見込が0円である):「全額を免除」
  • 70%以上100%未満の間で減少する:「50%を軽減」
  • 50%以上70%未満の間で減少する:「30%を軽減」
  • 30%以上50%未満の間で減少する:「10%を軽減」
  • 減少の程度が30%未満:軽減なし

令和元年の所得が300万円を超え400万円以下の場合

令和元年の所得と令和2年の所得見込を比較し、

  • 100%減少する(見込が0円である):「全額を免除」
  • 70%以上100%未満の間で減少する:「30%を軽減」
  • 50%以上70%未満の間で減少する:「10%を軽減」
  • 減少の程度が50%未満:軽減なし

(計算例)

令和元年の所得が250万円、令和2年の所得見込が100万円で、個人市民税・県民税が20万円の賦課決定後、第1期の納期限の7日前までに減免申請した場合
  1. 250万円(令和元年の所得)ー100万円(令和2年の所得見込)=150万円(減少額)
  2. 150万円(減少額)÷250万円(令和元年の所得)×100(%)=60%(減少の程度)
  3. よって、令和元年の所得は「200万円を超え300万円以下」で、減少の程度60%は「50%以上70%未満の間での減少」となるため、上記の減免割合に当てはめると、「30%軽減」に該当する。
  4. 個人市民税・県民税20万円の「30%軽減」になるため、減免申請額は6万円
  5. 減免決定となった場合、個人市民税・県民税は14万円となります。

申請方法

例年は窓口での申請をご案内しておりましたが、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、郵送での申請を受付いたします。

納期限の7日前までに、市民税・県民税減免申請書と必要書類を課税課市民税係へ郵送してください。

注意:納期限を過ぎたものは、減免申請の対象外となります。

様式

必要書類

  • 前年分の源泉徴収票のコピー
  • 1月1日から現在までの収入が確認できる書類(給与明細、雇用契約書など)のコピー

提出先

〒325-8501 栃木県那須塩原市共墾社108番地2 総務部課税課市民税係 行

注意:減免の処理には、申請書を受理してから1か月ほどかかります。

その他注意事項

  • 減免決定となった場合で、その事由が消滅した場合は、直ちにその旨を申告してください。
  • 減免決定となった場合、来年(令和3年)に必ず確定申告又は住民税申告をしてください。
  • 申告内容と収入見込との相違が出た場合、減免の免除割合の変更又は減免を取消す場合があります。
  • 減免の免除割合が変更又は取消しとなった場合は、個人市民税・県民税を追加で納付することになります。

関連情報リンク

  • 個人市県民税の減免 ※生活保護を受けることになった方や災害等の被害を受けた方等はこちらを参照してください。
  • 納税相談 ※納税についての相談、猶予制度についてはこちらを参照してください。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部課税課市民税係

電話番号:0287-62-7121

ファックス番号:0287-62-7221

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?