注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > よくある質問 > 個人市民税 > 住民税が課税されない(非課税の)人とは?

ここから本文です。

更新日:2020年11月11日

住民税が課税されない(非課税の)人とは?

個人市民税について よくある質問

Q 住民税が課税されない(非課税の)人とは?

A 回答

均等割も所得割もかからない人

  • 前年中に所得がなかった人
  • 生活保護法によって生活扶助を受けている人
  • 【令和2年度まで】
    障害者、未成年者、寡婦または寡夫で前年中の合計所得金額が125万円以下(給与収入で204万4千円未満)であった人

    【令和3年度から】
    障害者、未成年者、ひとり親または寡婦で前年中の合計所得金額が135万円以下(給与収入で204万4千円未満)であった人

均等割がかからない人

前年中の合計所得金額が、次の算式で求めた額以下の人

【令和2年度まで】
28万円×(本人と扶養家族[配偶者含む]の合計数)+扶養親族がいる場合、17万円
【令和3年度から】
28万円×(本人と扶養家族[配偶者含む]の合計数)+10万円+扶養親族がいる場合、17万円

  • 例1 扶養親族がいない単身者の場合
    【令和2年度まで】28万円
    【令和3年度から】38万円
  • 例2 配偶者を扶養している場合
    【令和2年度まで】28万円×2+17万円=73万円
    【令和3年度から】28万円×2+10万円+17万円=83万円
  • 例3 配偶者と子供2人を扶養している場合
    【令和2年度まで】28万円×4+17万円=129万円
    【令和3年度から】28万円×4+10万円+17万円=139万円

所得割がかからない人

前年中の合計所得金額が、次の算式で求めた額以下の人

【令和2年度まで】
35万円×(本人と扶養家族[配偶者含む]の合計数)+扶養親族がいる場合、32万円
【令和3年度から】
35万円×(本人と扶養家族[配偶者含む]の合計数)+10万円+扶養親族がいる場合、32万円

  • 例1 扶養親族がいない単身者の場合
    【令和2年度まで】35万円
    【令和3年度から】45万円
  • 例2 配偶者を扶養している場合
    【令和2年度まで】35万円×2+32万円=102万円
    【令和3年度から】35万円×2+10万円+32万円=112万円
  • 例3 配偶者と子供2人を扶養している場合
    【令和2年度まで】35万円×4+32万円=172万円
    【令和3年度から】35万円×4+10万円+32万円=182万円

関連情報リンク

お問い合わせ

所属課室:総務部課税課市民税係

電話番号:0287-62-7121

ファックス番号:0287-62-7221

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?