注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > よくある質問 > 個人市民税 > 均等割と所得割とは?

ここから本文です。

更新日:2016年8月26日

均等割と所得割とは?

個人市民税について よくある質問

Q 均等割と所得割とは?

A 回答

市県民税は、非課税となる人を除いて、ある一定以上所得がある人は全員同じ金額を負担する「均等割」とその人の所得金額に応じて所得の多い人ほど多くの負担をする「所得割」の2つから成り立っています。

均等割

東日本大震災からの復興に関し、地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源を確保するため、平成26年度から平成35年度までの10年間、個人市民税と個人県民税の均等割額がそれぞれ500円づつ引き上げられます。

  • 平成25年度まで
    3,000円(市民税)+1,700円(県民税)=4,700円
  • 平成26年度から平成29年度まで
    3,500円(市民税)+2,200円(県民税)=5,700円
  • 平成30年度から平成35年度まで
    3,500円(市民税)+1,500円(県民税)=5,000円

(注)県民税均等割額には、平成20年4月から「とちぎの元気な森づくり県民税(700円)」が含まれています(平成29年度で終了)。

所得割

所得割の額は、課税する年の前年の1月1日から12月31日までの一年間の所得に応じて課税されます。例えば、平成28年度の所得割は平成27年中の一年間の所得に対して課税されます。

関連情報リンク

お問い合わせ

所属課室:総務部課税課市民税係

電話番号:0287-62-7121

ファックス番号:0287-62-7221

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?