注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > よくある質問 > 個人市民税 > 市県民税が課税される人(納税義務者)とは? また、年の途中で亡くなった人の住民税は?

ここから本文です。

更新日:2016年8月29日

市県民税が課税される人(納税義務者)とは? また、年の途中で亡くなった人の住民税は?

個人市民税について よくある質問

Q 市県民税が課税される人(納税義務者)とは?また、年の途中で亡くなった人の住民税は?

A 回答

個人の市県民税(住民税)の賦課期日は、毎年1月1日となっています。
例えば、ある人が平成28年度の市県民税をどこで納めるかは、その人が平成28年1月1日現在どこに住んでいたかによって決まります。

つまり、平成28年1月1日現在、那須塩原市に住所があれば、平成28年度の市県民税は那須塩原市で課税されることになります。
また、1月2日以降に死亡された方に対しても市県民税が課税され、相続人が納税義務を引き継ぐことになります。

具体的な場合は次のとおりです。

  • 転出した場合
    平成28年1月2日以降に転出した場合は、新しい住所地の市町村では課税されません。
    あくまで、那須塩原市で課税されます。
  • 死亡した場合
    平成28年1月2日以降に死亡された場合は、相続人に納税義務が継承されます。
    相続人の方に、納税通知書が届くことになります。
市県民税(住民税)の納税義務者一覧表

1月1日現在の状況

那須塩原市内に住所がある人

那須塩原市内に住所はないが、家屋敷・事務所・事業所がある人

均等割

課税

課税

所得割

課税

非課税

お問い合わせ

所属課室:総務部課税課市民税係

電話番号:0287-62-7121

ファックス番号:0287-62-7221

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?