注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > くらし・手続き > 税金 > 市民税(個人市民税) > 特別徴収 > 年度の途中で就職した従業員を特別徴収に切り替える場合

ここから本文です。

更新日:2018年7月3日

年度の途中で就職した従業員を特別徴収に切り替える場合

1 特別徴収への切り替え

就職した従業員の市・県民税を普通徴収から特別徴収に変更したい場合は、「特別徴収切替届出(依頼)書」を提出してください。

2 「市民税・県民税」の特別徴収への切替届出(依頼)書の記入事項

(注)他市町村と異なる場合もあります。   

  • 給与支払者(特別徴収義務者)の所在地・名称・法人番号・担当者・電話番号・指定番号(ない場合は「新規」と記入してください。)
  • 給与所得者の氏名・生年月日・1月1日現在の住所・現在の住所(1月1日以降に住所と違う場合に記入してください。)
  • 普通徴収切替期別(希望する期別にマルをつけてください。)
  • 特別徴収開始予定月
  • 届出理由
  • 月割額の連絡(必要な場合のみ記入してください。)
  • 納入書(市作成の納入書)の要否の欄にマルをつけてください。なお、記載がなかった場合には納入書は送付いたしませんので、注意してください。

3 「切替届出(依頼)書」を提出する際の添付書類

  • 普通徴収の納付書(二重納付防止のため、残りの納付書(納期未到来分)を添付してください。)(注)既に納付済みの分や口座振替の場合は不要です。

4 「切替届出(依頼)書」を提出する際の注意事項

  • 普通徴収の納期限を過ぎたものは、特別徴収への切替ができません。本人が納めるように必ずお伝えください。(注)普通徴収の納期限は年4回あるため、特別徴収への切替は、2カ月程度の余裕を持って行ってください。
  • 普通徴収分で納付してある税額があるかどうかを本人から確認してください。
  • 納税通知書を本人から預かった場合、領収証書は本人にお返しください。納税通知書は、切替届出(依頼)書を提出する際に同封してください。なお、特別徴収税額通知書が届いたことを確認したら破棄していただいていても差し支えありません。
  • 65歳以上の方については、年金所得に係る税額を給与からの特別徴収に追加することはできません。

関連ファイル

関連情報リンク

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:総務部課税課市民税係

電話番号:0287-62-7121

ファックス番号:0287-62-7221

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?