注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 市政情報 > 職員採用 > 職員紹介 > 職員紹介(荒川主事)

ここから本文です。

更新日:2018年4月12日

職員紹介(荒川主事)

荒川PF

那須塩原市役所への就職・受験のきっかけ

前職の育児休暇中に、家族で那須塩原市に遊びに来たのですが、環境の良さや野菜の美味しさに感激し、こちらに家を購入しました。当初、復職後は東京まで通勤しようと思っていましたが、那須塩原市のホームページで採用情報を見て、受験することにしました。栃木県職員である夫のすすめもあって、栃木県内の市町の採用情報については、採用の時期になるとHPをチェックしていました。

前職について

大学時代の就職活動では、「世界」をテーマに掲げて就職先を探し、世界中に物流の拠点がある会社を選んで就職しました。国際航空(海上)貨物の営業やカスタマーサービスをしており、具体的には、自動車部品や電子部品等を扱うメーカーへの営業や、成田空港等から貨物を各国に発送する手続きを行っていました。

今の仕事内容

荒川主事仕事

外国人相談員への給与支払、市内便利マップの作製等の在住外国人支援や、事務局として、市国際交流協会の予算や事業の管理を行っています。また、国際交流員※の給与支払や派遣依頼の調整、講座の準備の補助等を行っています。

那須塩原市では、国内外の姉妹都市との交流事業を行っていますが、平成29年度は、海外姉妹都市であるオーストリア共和国リンツ市へ訪問しました。今後の交流につながる大変良い経験をさせていただきました。

※平成28年8月1日から国際交流員として、オーストリア共和国出身のフロレンティーネ・ロンニガーさんが着任しました。那須塩原市の国際交流活動など、地域における国際化の推進に取り組んでいます。

やりがい

生活に密着した仕事であり、市がこうなったらいいな、、、という市民の方の思いに応えことができる立場にいることがやりがいです(2年目ですし、まだ自分が応えることができるような力量は持っていませんが、今後そうなっていきたいという願いも込めて)。

こんな人に那須塩原市職員になってほしい

複数の仕事を同時並行で正確に行わなければならないことが多いので、頭を整理して効率的に仕事を行うことができる人が求められると思います(自分はまだまだですが、、、)。

職場の雰囲気

和気あいあいとしていて、家族みたいです。仕事が大変な時も今の職場の雰囲気に助けられています。仕事とプライベートを分けて考えたい方もいると思いますが、1日一緒に居るので、自分は今の雰囲気がとても心地よいです。

オフの過ごし方

荒川プライベート

家族と一緒にとにかく市内の色々なマルシェや祭りに行きます。

色々な飲食店に行き、「目指せ!那須エリアの全店制覇」を目標にしています。

市内のオススメスポット

shozoストリートです。私と同世代の方がどんどん起業してお店をオープンしているので、自分も「仕事もプライベートでも常に挑戦しなきゃ!」と刺激を受けています。

入庁してから大変だったこと、驚いたこと

「公務員は定時で帰れる」というイメージを持っていましたが、実際は違いました。私は小さい子供がいるのでほぼ定時で帰ってはいますが、早朝や子供が寝静まった後に、家で仕事のことを考えることがあります。仕事と家庭の両立が中々難しく、大変だなと思うこともあります。

採用試験の感想(当時の試験に対する本人の感想です)

採用試験に「チャレンジing那須塩原枠」という民間企業などの業務歴を要件とした特別枠があったのですが、それに応募しました。一次試験が論文、二次試験がプレゼンテーションと面接でしたが、面接で話が盛り上がったことが記憶に残っています。

お問い合わせ

所属課室:総務部総務課 

電話番号:0287-62-7111

ファックス番号:0287-62-7220

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?