注意情報

注意情報一覧はこちら

緊急情報一覧はこちら

市民トップ > 市政情報 > 市長室へようこそ > 市長挨拶

ここから本文です。

更新日:2020年2月1日

市長挨拶

那須塩原市長

「ワクワクドキドキするまちづくり」「サステナブル(持続可能)なまちづくり」

那須塩原市ホームページを御覧いただき、誠にありがとうございます。那須塩原市長の渡辺美知太郎でございます。

昨年は、平成から令和へ歴史の歯車が回り、時代の大きな転換点の年となりました。私は、昨年4月21日に行われた市長選挙において、多くの市民の皆様方の御支援を賜り、第4代那須塩原市長に就任しました。以降、皆様が安心して住み続けることができるまち、将来にわたり継続的に発展していくまちを目指し、サステナブル(持続可能)なまちづくりを政策のコンセプトに掲げ、市政運営に邁進してまいりました。先人たちから現代に引き継がれた素晴らしい財産を守りながら、皆様と一緒に令和の時代にふさわしい「ワクワクドキドキするまちづくり」に向けた新しいスタートを切ることができましたことを深く感謝申し上げます。

近年は、大規模災害の経験を踏まえた安全・安心なまちづくりに対する意識の高揚などに加え、長引く経済成長の停滞や人口減少、少子高齢化社会の進行といった社会情勢の急速な変化などに対応していかなければならない状況にあります。そのため、那須地域の中心的な位置づけ、シンボルであるJR那須塩原駅周辺が栃木県の北都の玄関口として相応しい場所となるよう、有識者会議を設置し、那須塩原駅周辺まちづくりビジョンの策定に向けた検討を進めてまいりました。本年は、有識者会議でまとめた方向性を参考に皆様と更に検討を深めながら、那須塩原駅周辺まちづくりビジョンを策定してまいります。

駅前の活性化という点では、昨年7月にまちなか交流センター(愛称「くるる」)が開所し、交流、地域活動、産業活動及び文化活動の場として、多くの皆様に御利用いただいております。また、10月に同所で開催した「オーストリア・フェスタ」では、多くの皆様に御来場いただき、オーストリアや姉妹都市リンツ市の文化や歴史に触れていただくとともに、皆様の国際交流についての理解も深まったものと感じております。

国際交流の分野においては、ベトナム社会主義共和国フック首相、駐日ベトナム社会主義共和国特命全権大使ヴー・ホン・ナム閣下との交流をきっかけに、姉妹都市リンツ市に加え、ベトナム社会主義共和国との連携も深めてまいります。

環境の分野におきましては、昨年12月に県内で初めてとなる「CO₂排出量実質ゼロ宣言」を行いました。近年、自然災害が多発しておりますが、災害が多発するのは気候変動による影響が大きいと言われていることから、いち早く気候変動によるリスクを軽減できるよう、気候変動適応法に規定する「地域気候変動適応センター」を全国に先駆けて設置し、皆様が安心して住み続けることができるまちづくりを進めてまいります。また、本年4月に「気候変動対策局」を新設し、将来にわたって持続可能な都市づくりを積極的に推進してまいります。

観光振興の分野におきましては、本市の恵まれた地域特性を生かし、ONSEN・ガストロノミーツーリズムのモデルツアーを実施しました。本年は、ONSEN・ガストロノミーツーリズムや日本遺産を活用した観光振興にも引き続き力を注いでいくことで、市内外、海外にも本市の魅力を発信できるように取り組んでまいります。

今後も初心を忘れることなく、広く皆様の意見を伺いながら、引き続き「ワクワクドキドキするまちづくり」に全身全霊を傾けて取り組んでまいる所存でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

那須塩原市長 渡辺 美知太郎

お問い合わせ

所属課室:企画部秘書課秘書係

電話番号:0287-62-7108

ファックス番号:0287-63-1240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?